キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2813
  • 公開日時 : 2019/09/03 13:00
  • 印刷

アンチセフト機能を利用してコンピューターを探すには?

回答

以下のWindows向けプログラムをご利用で、かつ、アンチセフト機能を有効にしているコンピューターは、紛失・盗難時に、ESET社が提供する紛失・盗難対策専用のWebサイト「ESETアンチセフト」を使って探すことが可能です。
  • ESET Smart Security Premium V10.0 以降
  • ESET Internet Security V11.0 以降
※ ESET Internet Security V10.0 / V10.1 にアンチセフト機能は搭載されていません。
 
以下の「◆ 手順」に従って、「ESETアンチセフト」のコンピューターのステータスを「紛失中」に変更してください。
なお、本手順を実施した場合、「紛失中」に設定されたコンピューターは再起動されます。再起動後は、架空アカウントで自動的にログインされます。
 
※ アンチセフト機能が無効のコンピューターでは、「ESETアンチセフト」のWebサイトから探索することができません。(既定では、アンチセフト機能は無効に設定されています。)
参考:[Q&A]アンチセフト機能を利用するために事前におこなうことは?
 
※ アンチセフト機能の詳細については、以下のWebページをご参照ください。
[Q&A]アンチセフト機能について
 
 
◆ 手順
  1. ESETアンチセフト」にアクセスして、「サインイン」をクリックします。

  2. 「メールアドレス」および「パスワード」を入力して、「サインイン」をクリックします。

  3. 「ESETアンチセフト」のホーム画面より、紛失した、または、盗難にあったコンピューターのアイコンをクリックします。

  4. 「ステータス」から「紛失中に設定」を選択します。

  5. 「このデバイスを紛失中に設定します。」画面が表示されるので、内容を確認のうえ、「紛失中に設定する」をクリックします。
    ※ 登録したメールアドレス宛に、「ESETアンチセフト:紛失とマークされたデバイス」という件名でメールが届きます。

  6. 各機能(コンピューターの監視、ユーザーアカウントへのアクセスロックなど)が有効になります。さらに位置情報の収集機能によって、お客さまのコンピューターを随時探索します。
    ※ アンチセフト機能によって、位置情報・監視情報の収集や、ユーザーアカウントのロックなどをおこなうには、該当するコンピューターがインターネットに接続されている必要があります。
 
なお、ステータスを「紛失中」に設定しているコンピューターを発見した場合は、以下のWebページをご参照いただき、「ESETアンチセフト」のステータスを変更してください。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・