• No : 16148
  • 公開日時 : 2020/02/21 20:17
  • 印刷

2月8日以降における一部のESET製品の動作不良について

回答

 
2月22日(土)、23日(日)は、9:00 ~ 17:00 の間、本障害に関するお問い合わせを受け付けております。
本ページの内容をご確認いただき、ご不明点などございましたら、お問い合わせください。
※ 臨時の受付窓口となりますので、本障害についてのお問い合わせのみ対応させていただきます。
 
法人向けサーバー・クライアント用製品はこちら
法人向けサーバー専用製品はこちら
 
 
2020年2月8日9時以降より、一部のESET製品において動作不良が発生しております。
 
詳細は、以下よりご確認ください。 
 
現象
対象製品
対応策【 2020.2.18 更新 】
 
 

 
◆ 現象
 
以下の現象が発生しています。
 
■ V5.0 プログラムの場合
■ V6.5 プログラムの場合
 ・ESET画面が英語表示になる
 ・検出エンジンのアップデートができない
 ・ウイルス検査が正常にできない
 ・ESET画面のタイトルバーが「ESET Endpoint Security」になる
  (ESET Endpoint アンチウイルス のみ)
 ・「フィッシング対策保護が機能していません」のエラーが表示される
 ・アクティベーションに失敗する(ECP.4097)
 ・検出エンジンのアップデートができない
 ・ウイルス検査が正常にできない
 
 
 
 

 
◆ 対象製品
 
◇ 法人向けサーバー・クライアント用製品
  • ESET Endpoint Protection Advanced
  • ESET Endpoint Protection Standard
◇ 法人向けサーバー専用製品
  • ESET File Security for Linux / Windows Server
 

 
◆ 対象プログラム
 
以下のプログラム、バージョンで発生しています。
 
プログラム名
バージョン
・ESET Endpoint Security
・ESET Endpoint アンチウイルス
V5.0 5.0.2254 / 5.0.2260
V6.5
6.5.2094.1 / 6.5.2107.1 / 6.5.2118.1 / 6.5.2118.3 / 6.5.2118.4 / 6.5.2123.5 / 6.5.2123.7 / 6.5.2123.8 / 6.5.2132.1 / 6.5.2132.2
・ESET File Security for Microsoft Windows Server
V6.5 6.5.12007.0 / 6.5.12010.0 / 6.5.12013.0 / 6.5.12014.0 / 6.5.12014.1 / 6.5.12018.0
※ 上表に記載のないプログラム、バージョンでは、現象は発生しません。
 
本障害によりESET画面のタイトルバーに正しいプログラム名が表示されない場合があります。
必ず、以下の手順でプログラム名、バージョンをご確認ください。
 
現在ご利用になっているプログラムのプログラム名、バージョンを確認する方法
 
本現象は、2月8日以降のOSの再起動後に発生しています。OSの再起動を実施していないことにより現象が発生していない以下の端末向けに、修正モジュールが配信されておりますので、こちらをご参照のうえ、修正モジュールが適用されているかご確認ください。修正モジュールが適用されていれば、OSを再起動していただいても問題ありません。
  • ESET Endpoint Security V6.5
  • ESET Endpoint アンチウイルス V6.5
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.5
なお、オフライン環境にて利用している端末についても、弊社ユーザーズサイトにて公開しているオフライン更新用の検出エンジンを利用して、修正モジュールを適用することが可能です。
オフライン環境における検出エンジンのアップデート手順についてはこちらをご参照のうえ、実施してください。
 
 

 
◆ 現在ご利用中の端末で現象が発生しているかの確認方法
 
以下の条件に該当する場合は、現象は発生しません。
  • 「◆対象プログラム」に記載のないプログラム、バージョンを使用している。
現在ご利用になっているプログラムのプログラム名、バージョンを確認する方法
 
  • 「◆対象プログラム」に記載のあるプログラム、バージョンを使用しているが、2月8日9時以降からコンピューターの再起動を一度も実行しておらず、修正モジュール([アップデート機能]のバージョン「1074.2」以降)が適用されている。
修正モジュールの確認方法はこちらをご参照ください。
 
 
上記に該当しない場合は、本現象が発生しますので、「◆対応策」でご案内している内容を実施してください。
 
 

 
◆ 対象OS 
  • Windows
     

 
◆ 発生日時
 
2020年2月8日 09:00頃
 

 
◆ 原因【 2020.2.20 更新 】
 
今回の不具合は、タイムスタンプの有効確認処理に伴うプログラム上の処理の不具合により、該当バージョンに含まれるプログラムモジュールの正当性確認が取れない状態となり、事象が発生いたします。
 
<補足事項>
ESET製品では、インストールされたプログラムモジュールにおいて、電子証明書を利用したタイムスタンプの認証をおこなっており、これによりプログラムの提供元、改ざんチェック、存在証明の正当性確認をおこなっております。
 

 
◆ 対応策【 2020.2.18 更新
 
本現象の対応策は、ご利用になっているプログラムのバージョンによって異なります。
以下よりご利用中のプログラムのバージョンを選択してください。
 
V5.0をご利用の場合【 2020.2.18 修復ツールの更新 】
 
V6.5をご利用の場合
 
 

 
◆ 現象が発生していない場合の措置について【 2020.2.14 更新 】
 
本現象は、2月8日以降のOSの再起動後に発生しています。OSの再起動を実施していないことにより現象が発生していない以下の端末向けに、修正モジュールが配信されておりますので、以下の手順にて、修正モジュールが適用されているかご確認ください。修正モジュールが適用されていれば、OSを再起動していただいても問題ありません。
 
※ オフライン環境にて利用している端末についても、弊社ユーザーズサイトにて公開しているオフライン更新用の検出エンジンを利用して、修正モジュールを適用することが可能です。オフライン環境における検出エンジンのアップデート手順についてはこちらをご参照の上、実施してください。
  • ESET Endpoint Security V6.5
  • ESET Endpoint アンチウイルス V6.5
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.5
 
ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルス をご利用の場合
 
ESET File Security for Microsoft Windows Server をご利用の場合
 
 
本現象に関する最新情報は、本ページに随時公開予定です。
お客さまにはご迷惑をお掛けしていますことを、深くお詫び申し上げます。
 
[更新履歴]
2020年02月20日更新:「◆原因」を更新
2020年02月18日更新:「◆対応策」に改良した V5.0 向け修復ツールを公開
2020年02月17日更新:「◆対応策」に V5.0 向け修復ツールを公開
2020年02月16日更新:「◆対応策」に V5.0 向け復旧補助ツール(CertFix_mu.exe)が失敗した場合の手順を追加
2020年02月15日更新:「◆対応策」に V5.0 向け復旧補助ツール(CertFix_mu.exe)を公開
2020年02月14日更新:「◆対応策」に V6.5 向け修復ツール(CertFix_6.5_all.exe)を公開
2020年02月13日更新:「◆原因」を掲載、「◆対応策」にV6.5 向け修復ツール(CertFix_Fixable_old.exe)を公開
2020年02月12日更新:「◆対応策」に V6.5 向け修復ツール(CertFix_Fixable.exe)を公開
2020年02月10日更新:「◆暫定回避策」をアンインストールツールを使用した手順に変更
2020年02月09日更新:「◆暫定回避策」に詳細手順を掲載
2020年02月08日公開