キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4737
  • 公開日時 : 2019/08/06 09:24
  • 印刷

ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 / V6.5 のバージョン間でバージョンアップする方法

回答

ここでは、ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 / V6.5 のバージョン間でバージョンアップする方法をご案内しています。
 
※ Windows Server 環境でご利用の場合、オールインワンインストーラーを利用して、バージョンアップすることはできません。
※ ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 / V6.5 のバージョン間でバージョンアップする場合は、すべての設定やログ情報が引き継がれます。
 
■ 事前準備
 
クライアント管理用プログラムのバージョンアップをする前に、データをフルバックアップしてください。
 
データのフルバックアップ手順の詳細はこちら
 
 
■ バージョンアップ方法
 
バージョンアップ方法は、以下の2通りの方法があります。いずれかの方法を実施してください。
 

 
< パターン1 >ESET Remote Administrator のタスク機能を利用する
 
ESET Remote Administrator のタスク機能を利用する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

【 条件 】
  • バージョンアップを実施するコンピューターがインターネット(ESET社リポジトリ)に接続できること
    ※ 「http://repository.eset.com/v1/info.meta」をダウンロードできれば、ESET社のリポジトリへの接続は成功しています。
     
  • CentOS 7 など systemd をサービスマネージャーとして使用するLinuxコンピューターの場合は、/etc/systemd/system/eraagent.service の[Service]の中に以下に1行が設定されていること
    KillMode=process
     
なお、以下の場合は、ESET Remote Administrator のタスク機能を利用できません。後述の「■ コンポーネントプログラムのインストーラーを利用する」を参照してバージョンアップしてください。
 
【 利用できない場合 】
  • すでに1つ以上のコンポーネントプログラムがバージョンアップされている場合
  • フェールオーバークラスタ環境で利用している場合
  • ERA Webコンソールを既定(※1)とは異なるディレクトリにインストールした ESET Remote Administrator をバージョンアップする場合

    ※1 既定のディレクトリは以下の通りです。
    ご利用のOS 既定のディレクトリ
    Windows Server
    ・C:\program files(x86)\Apache software Foundation\Tomcat7.0\webapps
    ・C:\program files\Apache software Foundation\Tomcat7.0\webapps
    Linux Server
    ・/var/lib/tomcat8/webapps/
    ・/var/lib/tomcat7/webapps/
    ・/var/lib/tomcat6/webapps/
    ・/var/lib/tomcat/webapps/
 
上記条件を満たしていることを確認し、ESET Remote Administrator のタスク機能を利用してバージョンアップを実施してください。詳細な手順は、以下をご確認ください。 
  
ESET Remote Administratorのタスク機能を利用した手順
 
 

 
< パターン2 >コンポーネントプログラムのインストーラーを利用する
 
各コンポーネントプログラムのインストーラーを利用してバージョンアップする手順の詳細は、以下のWebページをご参照ください。
※ フェールオーバークラスタ環境で利用している場合は、各クラスタノードで手動でバージョンアップしてください。
  • Windows Server 環境でご利用の場合はこちら
  • Linux Server 環境でご利用の場合はこちら
 

 
< Mobile Device Connector をご利用の場合のみ >
 
Mobile Device Connector のバージョンアップ後に、以下のエラーメッセージが表示される場合があります。
 
MDMホスト名がHTTPS証明書と一致しません
 
(※ 画面は ESET Remote Administrator V6.5 のものです。)
 
本エラーメッセージが表示される場合は、以下の手順を実施してください。
 
手順の詳細はこちら
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator, ESET Security Management Center
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server, Linux Server

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局