キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4628
  • 公開日時 : 2018/06/21 13:00
  • 印刷

ESET Remote Administrator の変更点(V6.2.11 → V6.3.12)

回答

ESET Remote Administrator V6.2.11 から ESET Remote Administrator V6.3.12 の変更点は以下の通りです。
 
■ 追加(V6.2.11 から V6.3.12)
 
 以下の対応が追加されました。
  • Linux Desktop向けクライアント用プログラムの管理に対応
  • Linux Server向けクライアント用プログラムの管理に対応
【 2018.01.18 変更 】
本バージョンでは、Mobile Device Connector の不具合のためAndroid端末 / iOS端末を管理することができません。
Android端末 / iOS端末を管理する場合は、ESET Remote Administrator V6.5.37 をご利用ください。
 
 
■ 修正(V6.2.11 から V6.3.12)
 
 以下の不具合が修正されました。
  • ESET Remote Administrator V6.2 のオールインワンインストーラーを保存したフォルダーのパスに日本語が含まれている場合、インストーラーを実行後、途中でエラーになる
※ 本現象については、インストール開始前にフォルダーパスをチェックするように修正されました。引き続き、パスに日本語を含むフォルダーではインストールできませんので、ご注意ください。
  • ESET Remote Administrator V6.2 からOS X v10.11 El Capitanに対して、「ERA エージェント展開タスク」による ERA エージェント のインストールができない
 
■ 既知の不具合(V6.3.12)
 
 以下の不具合を確認しております。
  • ERA Webコンソールのユーザーアカウント(ユーザー名、パスワード)に2バイト文字が登録できるにも関わらず、ログイン画面で2バイト文字が入力できない
ERA Webコンソールのユーザーアカウントの設定画面(※)で2バイト文字を使用したユーザー名、パスワードの設定が可能ですが、ERA Webコンソールのログイン画面では2バイト文字の入力ができないため、ログインができません。
 
※ ERA Webコンソールのユーザーアカウントの設定は[ERA Webコンソール]-[管理]-[ユーザー]-[ユーザーの追加]でおこないます。
 
新しいユーザーアカウントを作成する際は2バイト文字を使用しないようご注意ください。
 
  • [コマンドの実行]タスクで日本語のファイル名やフォルダー名を指定すると、タスクの実行に失敗する
[コマンドの実行]タスクを作成(※)した際に、[設定]の[実行するコマンドライン]や[作業ディレクトリ]に日本語のフォルダー名やファイル名が含まれている場合、タスクの実行に失敗することが確認されております。
 
※ [コマンドの実行]タスクを作成するには、[ERA Webコンソール]-[管理]-[クライアントタスク]-[新規作成]で[基本]-[タスク]に[コマンドの実行]を選択します。
 
[コマンドの実行]タスクを作成する際は、日本語が含まれないフォルダー名やファイル名を指定してください。
 
  • ESET Remote Administrator V6.3 からAndroid端末へのソフトウェアインストールタスクが失敗する【2018.06.21 更新】

    ESET Remote Administrator V6.3 からAndroid端末に対してソフトウェアインストールタスクを実行すると、タスクが失敗することを確認しております。

    本バージョンでは、Mobile Device Connector の不具合のためAndroid端末 / iOS端末を管理することができません。ESET Remote Administrator V6.5.37 以降へバージョンアップ後、ソフトウェアインストールタスクをご利用ください。詳細はこちらをご確認ください。
     
  • ESET Remote Administrator V6.3 からポリシーを配布しても、iOS端末でのYouTubeの使用を制限できない

    ESET Remote Administrator V6.3 のポリシー機能で、設定の[ESET Mobile Device Management for iOS]-[制限]-[アプリケーション]-[YouTubeの使用を許可]を変更してポリシーを配布しても、iOS端末でのYouTubeの使用を制限することはできません。
     
  • ESET Remote Administrator V6.3 からポリシーを配布しても、iOS端末のSafariのCookieの設定を正しく変更できない

    ESET Remote Administrator V6.3 のポリシー機能で、設定の[ESET Mobile Device Management for iOS]-[制限]-[アプリケーション]-[SAFARIオプション]-[Cookieの許可]を[アクセスしたサイトから]に変更してポリシーを配布すると、iOS端末側の設定が[アクセス中のWebサイトのみ許可]に変更されますのでご注意ください。

    iOS端末の設定を「訪問したWebサイトを許可」に変更したい場合は、iOS端末で直接変更してください。

    なお、[Cookieの許可]に[追加しない]または[常に]を選択した場合は、それぞれ[常にブロック]または[常に許可]に正しく変更されます。
     
  • 「サーバー検査」タスク実行時に、検査対象として検査プロファイルだけを選択した場合に動作しない

    ESET Remote Administrator の「サーバー検査」タスクを以下の設定内容で実行した場合、「サーバー検査」タスクは実行されません。
設定項目 設定内容
検査されたサーバー
(検査をおこなうクライアント端末を指定)
ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.4 以降がインストールされたサーバーを指定
検査対象 「Hyper-V検査」項目配下に表示される「検査プロファイル」のみを選択
 
ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.4 以降がインストールされたサーバーに対して、「サーバー検査」タスクを利用してHyper-V検査を実行する場合は、「検査対象」には「検査プロファイル」と「検査対象となるゲストOS」を選択してください。
 
 
その他サポート情報につきましては、こちらをご参照ください。
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server, Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局