キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2811
  • 公開日時 : 2019/05/22 13:00
  • 印刷

アンチセフト機能を利用するために事前におこなうことは?

回答

以下のWindows向けプログラムに搭載されているアンチセフト機能を利用するには、アンチセフト機能をご利用になるコンピューターで、Windows向けプログラムのアンチセフト機能の有効化と、my.eset.com の「my.eset.com アカウント」の作成・有効化が必要です。
  • ESET Smart Security Premium V10.0 以降
  • ESET Internet Security V11.0 以降
※ ESET Internet Security V10.0 / V10.1 にアンチセフト機能は搭載されていません。
 
本手順が未実施の場合、アンチセフト機能によるコンピューターの探索はできません。アンチセフト機能を利用する可能性があるコンピューターについては、お早めに本手順を実施してください。
 
なお、アンチセフト機能の詳細、および、その他の利用手順については、以下のWebページをご参照ください。
 
 
< 手順 >
 
アンチセフト機能の有効化と「my.eset.comアカウント」の作成・有効化の手順の流れは以下の通りです。
 
Step.1 プログラムのアンチセフト機能の有効化
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    (※ 画面は ESET Internet Security V12.1 のものです。)

  2. [設定]→[セキュリティツール]をクリックします。

    (※ ESET Internet Security V12.1 のものです。)

  3. [アンチセフト]の横にあるバーをクリックします。

    (※ ESET Internet Security V12.1 のものです。)
 
Step.2 「ESETアンチセフト」へのコンピューターの登録、および、「my.eset.com アカウント」の作成・有効化
 
以下より、お客さまの状況にあった手順を選択して、実施してください。
 
初めてアンチセフト機能を利用する
 
すでにアンチセフト機能を有効にしており、新たにアンチセフト機能を利用するコンピューターを「ESETアンチセフト」に追加する
 
Step.3 架空アカウントの作成
 
架空アカウントは、Windowsの制限ユーザーアカウントで、コンピューターの操作を大きく制限するものです。アンチセフト機能でコンピューターのステータスを「紛失中」にすると、該当コンピューターは架空アカウント以外のユーザーアカウントでのログインができなくなり、悪用や情報流出の防止に繋がります。
  1. Webブラウザーを起動して「ESETアンチセフト」サイトにアクセスします。新規アカウントの作成に使用したメールアドレスとパスワードを入力してサインインしてください。

  2. Step.2で登録したコンピューター名のアイコン内にある「このデバイスを最適化する」をクリックします。

  3. 「”架空Windowsアカウント”が必要です」項目が表示されるので、項目内の「架空アカウントの作成」をクリックします。

  4. 「“架空Windowsアカウント”をセットアップする」画面が表示されるので、「架空Windowsアカウントの名前:」を必要に応じて変更し、「架空アカウントの作成」をクリックします。
    ※ お客さまの個人情報の漏洩を防ぐため、名前は架空の人物名を推奨します。

  5. 架空Windowsアカウントが作成されます。以上で設定は完了です。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・