キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 156
  • 公開日時 : 2017/09/25 16:00
  • 印刷

ESET Remote Administrator V5.0 / V5.1 / V5.3 のESETコンフィグレーションエディタにおいて、旧バージョン向けの設定を新しいバージョン向けの設定箇所に引き継ぐには?

回答

ESET Remote Administrator V5.0 / V5.1 / V5.3 のESETコンフィグレーションエディタでは、「ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルスの設定を入力する箇所( Windows 製品ライン v3 および v4 )」と「ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルスの設定を入力する箇所( Windows デスクトップ v5 )」が異なります。
 
なお、以下の内容文では、「ESET Remote Administrator Server」を"ERAS"、「ESET Remote Administrator Console」を"ERAC"と表記しています。
 
 
(※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)

クライアントプログラムのバージョンアップなどにともない、ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルス向けの設定を作成する際などには、「Windows 製品ライン v3 および v4」に入力されている内容を「Windows デスクトップ v5」に再入力する必要があります。

方法として、以下(1)~(3)の3通りが考えられます。

※ ESET Remote Administrator V5.0 には、「Windows 製品ライン v3 および v4」の設定を「Windows デスクトップ v5」に自動的に設定する機能はありません。

 
(1) ポリシー移行ウィザードを使用する(ESET Remote Administrator V5.1 / V5.3)
この方法では、ESET Remote Administrator V5.1 / V5.3 から搭載されたポリシー移行ウィザードを使用します。
ポリシー移行ウィザードはポリシー機能の一部ですが、ポリシー機能を使用していない場合も、現在の設定内容を一時的にポリシーとしてインポートすることで、設定を移行することができます。手順は以下をご参照ください。
 
※ ポリシー移行ウィザードは、同一ポリシー内で、旧バージョン向けの設定を新バージョン向けの設定に移行する機能です。別のポリシーに設定を移行することはできません。
  1. ERACを起動して、ERASに接続します。
     
  2. メニューバーの[ツール]→[ポリシーマネージャ]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  3. 画面右側[アクション]の[ポリシー移行ウィザード]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  4. 設定を移行するポリシーにチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  5. アクションを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  6. 「終了しました」と表示されたら、設定の移行は完了です。
    [終了]ボタンをクリックしてポリシー移行ウィザードを閉じます。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  1. 設定ファイルをエクスポートします。
    手順については、下記Webページをご参照ください。
    [Q&A]設定ファイルのインポート・エクスポート手順
     
  2. ERACを起動して、ERASに接続します。
     
  3. メニューバーの[ツール]→[ポリシーマネージャ]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  4. 画面右側[アクション]の[新しいポリシーの追加]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  5. [ポリシー名](例:設定移行用ポリシー)を入力し、[ .xmlファイルからポリシーコンフィグレーションをコピーする]にチェックを入れ、手順1でエクスポートした設定ファイルを指定します。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  6. [OK]ボタンをクリックすると、手順1でエクスポートした設定がポリシーとして追加されます。
     
  7. 画面右側[アクション]の[ポリシー移行ウィザード]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  8. 手順6で作成したポリシーにチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  9. アクションを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  10. [終了しました]と表示されたら、設定の移行は完了です。
    [終了]ボタンをクリックしてポリシー移行ウィザードを閉じます。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  11. 手順6で作成したポリシーを選択し、画面右側[アクション]の[ポリシーの編集]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  12. 移行後の設定が入力された状態でESETコンフィグレーションエディタが起動します。
    メニューバーの[編集]→[すべてマーク]をクリックして、すべての項目にマークがつく(青色になる)ことを確認します。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  13. メニューバーの[ファイル]→[マークした項目をエクスポート]をクリックして、任意のファイル名をつけて設定ファイル(.xmlファイル)として保存します。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  14. 手順6で作成したポリシーを選択し、画面右側[アクション]の[ポリシーの削除]をクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
  15. [OK]ボタンをクリックします。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
     
    ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルスには、手順13で作成した設定ファイルを使用して、設定を適用してください。

 

(2) 手動で入力する
ESETコンフィグレーションエディタにて、設定を1つずつ入力していきます。
この方法は、適用する設定が少ない場合に有効です。

 

(3) クライアントから設定ファイルをエクスポートする
この方法では、クライアントプログラムの上書きインストールを利用します。上書きインストールでは、大部分の設定を引き継いでバージョンアップすることが可能です。
この方法は、適用する設定が多い場合に有効です。手順は以下をご参照ください。

※ ESET NOD32アンチウイルス から ESET File Security for Microsoft Windows Server にバージョンアップする場合は、上書きインストールによるバージョンアップができませんので、本手順により設定を移行することはできません。ESETコンフィグレーションエディタの[Windows Server v4.5]→[File Security 4.5 for MS Windows Server]に設定を手動で入力し直す必要があります。

  1. クライアントに ESET Endpoint Security または ESET Endpoint アンチウイルス を上書きインストールしてバージョンアップをおこないます。
    ※ 上書きインストールの際、一部の設定について引き継げないことを確認しています。該当する設定項目については、下記のWebページをご確認ください。
    引き継ぐことができない設定については、上書きインストール実施前に内容をお控えいただき、上書きインストール実施後に手動で設定を変更していただけますようお願いいたします。
     
  2. 設定ファイルをエクスポートします。
    手順については、下記Webページをご参照ください。
    Q&A]設定ファイルのインポート・エクスポート手順
     
  3. エクスポートした設定ファイルを右クリックして、[ESETコンフィグレーションエディタで開く]を選択し、ESETコンフィグレーションエディタで開きます。
    ※ ESETコンフィグレーションエディタで開くには、同一PC上にERACがインストールされている必要があります。

    (※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局