キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 14982
  • 公開日時 : 2019/09/19 13:00
  • 更新日時 : 2019/09/19 13:07
  • 印刷

Windows向けプログラムのタスクスケジューラーで、タスクが意図しないタイミングで実行される場合がある

回答

毎週、または、毎日実行するタスクスケジューラーで、タスクが実行されなかった場合の処理に[実行可能になり次第実行する]を選択していると、タスクが意図しないタイミングで実行される場合があります。
 
本現象の詳細については以下をご参照ください。
 
 
 

 
◆ 対象プログラム
  • ESET Endpoint Security V7.1
  • ESET Endpoint アンチウイルス V7.1
  • ESET File Security for Windows Server V7.1
 

 
◆ 現象の発生例と原因
 
スケジュールを毎週実行する場合と毎日実行する場合それぞれの、現象の発生例と原因は以下のとおりです。
 
 
  • 毎週実行するスケジュールの場合
 
< 現象の発生例 >
検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートを、スケジューラーの設定で[毎週火曜 9:00]に設定している場合に、タスクが8:00と9:00の2回実行される。
 
設定値
実行されたタスクのマーク
タスクの実行 毎週火曜 9:00に実行
タスクが実行されなかった場合の処理 実行可能になり次第実行する
 
 
< 原因 >
本現象は、[実行可能になり次第実行する]の設定が、前回タスクが実行されてから、167時間後(6日と23時間後)にタスクを実行することに起因しています。
 
本現象が発生している場合は、回避策を実施してください。
 
 
  • 毎日実行するスケジュールの場合
 
< 現象の発生例 >
検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートを、スケジューラーの設定で[毎日 9:00]に設定している場合に、タスクが8:00に実行されたり、7:00と9:00の2回実行される。
 
設定値
実行されたタスクのマーク
タスクの実行 毎日 9:00に実行(※)
タスクが実行されなかった場合の処理 実行可能になり次第実行する
(※)毎日実行するように設定したタスクは、前回実行時刻から1時間経過していない場合、本来のタスク実行時刻であっても実行されません。
 
 
< 原因 >
本現象は、[実行可能になり次第実行する]の設定が、前回タスクが実行されてから、23時間後にタスクを実行することに起因しています。
 
本現象が発生している場合は、回避策を実施してください。
 
 

 
◆ 回避策
 
本現象が発生している場合は、以下の回避策を実施してください。
 
ESET Endpoint Security V7.1
ESET Endpoint アンチウイルス V7.1
ESET File Security for Microsoft Windows Server V7.1 の場合
 
クライアント管理用プログラムを使用して設定する場合
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局