キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 112
  • 公開日時 : 2020/02/03 15:56
  • 印刷

ESET Remote Administrator V5.3 を利用して作成した設定組み込み済みインストーラーを、サイレントモードで実行させる手順

回答

ESET Remote Administrator V5.3 では、以下のクライアント用プログラムの設定組み込み済みインストーラーを作成することができます。
  • ESET Endpoint Security V5.0
  • ESET Endpoint アンチウイルス V5.0
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5
  • ESET Remote Administrator V5.3
ここでは、作成した設定組み込み済みインストーラーをサイレントモードで実行する手順をご案内しています。
 
 
手順の詳細は、以下をご参照ください。
  1. 以下のWebページを参照し、クライアントプログラムの設定組み込み済みインストーラーを作成します。
    [Q&A]設定組み込み済みインストーラーを作成する方法

    ※ 以降、作成した設定組み込み済みインストーラーのファイル名を「setupeset.exe」とします。

  2. 任意の場所(デスクトップなど)で右クリック→[新規作成]→[テキストドキュメント]を選択し、任意の名称(例:eset_inst)のテキストファイルを作成します。

  3. 手順2で作成したテキストファイルをダブルクリックし、以下の内容を記述して[ファイル]→[上書き保存]で保存します。
    ※「setupeset.exe」の部分には、手順1で作成した設定組み込み済みインストーラーのファイル名を指定してください。
     
    setupeset.exe /qb! reboot="force" rebootprompt=""

  4. 手順3で編集したテキストファイルを右クリック→[名前の変更]を選択し、拡張子「.txt」を「.bat」に変更します。
    [名前の変更]ダイアログが表示された場合は、[はい]をクリックしてください。

  5. 手順1と手順4で作成したファイルを同じフォルダーに保存します。

  6. 手順5で作成したフォルダーを、クライアントのローカルにコピーします。

  7. 手順6でコピーしたフォルダー内のバッチファイル(手順4で作成した拡張子.batのファイル)をダブルクリックして実行します。
ヒント
ESET Security Management Center V7.0 以降 / ESET Remote Administrator V6.5 をご利用の場合に、設定組み込み済みインストーラーをサイレントモードで実行する手順については、以下をご参照ください。
  • ESET Security Management Center V7.0 以降 の場合はこちら
  • ESET Remote Administrator V6.5 の場合はこちら
なお、ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 には、設定組み込み済みインストーラーの作成機能はありません。ご希望の場合は、ESET Security Management Center V7.0 以降 / ESET Remote Administrator V6.5 へのバージョンアップをご検討ください。
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Smart Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET NOD32アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局