キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 112
  • 公開日時 : 2018/12/19 13:00
  • 印刷

ESET Remote Administrator V5.3 を利用して作成した設定組み込み済みインストーラーを、サイレントモードで実行させる手順

回答

ESET Remote Administrator V5.3 では、以下のクライアント用プログラムの設定組み込み済みインストーラーを作成することができます。
  • ESET Endpoint Security V5.0
  • ESET Endpoint アンチウイルス V5.0
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5
  • ESET Remote Administrator V5.3
ここでは、作成した設定組み込み済みインストーラーをサイレントモードで実行する手順をご案内しています。
 
 
手順の詳細は、以下をご参照ください。
  1. 以下のWebページを参照し、クライアントプログラムの設定組み込み済みインストーラーを作成します。
    [Q&A]設定組み込み済みインストーラーを作成する方法

    ※ 以降、作成した設定組み込み済みインストーラーのファイル名を「setupeset.exe」とします。

  2. 任意の場所(デスクトップなど)で右クリック→[新規作成]→[テキストドキュメント]を選択し、任意の名称(例:eset_inst)のテキストファイルを作成します。

  3. 手順2で作成したテキストファイルをダブルクリックし、以下の内容を記述して[ファイル]→[上書き保存]で保存します。
    ※「setupeset.exe」の部分には、手順1で作成した設定組み込み済みインストーラーのファイル名を指定してください。
     
    setupeset.exe /qb! reboot="force" rebootprompt=""

  4. 手順3で編集したテキストファイルを右クリック→[名前の変更]を選択し、拡張子「.txt」を「.bat」に変更します。
    [名前の変更]ダイアログが表示された場合は、[はい]をクリックしてください。

  5. 手順1と手順4で作成したファイルを同じフォルダーに保存します。

  6. 手順5で作成したフォルダーを、クライアントのローカルにコピーします。

  7. 手順6でコピーしたフォルダー内のバッチファイル(手順4で作成した拡張子.batのファイル)をダブルクリックして実行します。
ヒント
ESET Security Management Center V7.0 / ESET Remote Administrator V6.5 をご利用の場合に、設定組み込み済みインストーラーをサイレントモードで実行する手順については、以下をご参照ください。
  • ESET Security Management Center V7.0 の場合はこちら
  • ESET Remote Administrator V6.5 の場合はこちら
なお、ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 には、設定組み込み済みインストーラーの作成機能はありません。ご希望の場合は、ESET Security Management Center V7.0 / ESET Remote Administrator V6.5 へのバージョンアップをご検討ください。
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Smart Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET NOD32アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局