キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5347
  • 公開日時 : 2020/04/22 13:00
  • 印刷

ESET Endpoint Encryption Server導入時の注意事項

回答

本ページでは、管理サーバーESET Endpoint Encryption Server(以下、EEEサーバー)導入時に注意いただく項目についてご案内いたします。

導入できない環境について

EEEサーバー導入時に、オールインワンパッケージで導入するソフトウェアと重複するため以下のサーバーへ導入できません。

  • SQL Serverが既にインストールされているサーバー
  • PHPが既にインストールされているサーバー
  • Apache,IISなどのWEBサービスを提供しているサーバー
  • ドメインコントローラー
EEEサーバー導入時にオールインワンパッケージで導入するソフトウェアについて

EEEサーバーインストール時に下記のソフトウェアが一緒にインストールされます。
詳細については、下記を参照ください。

EEEサーバー:Ver.3.0.0
プラットフォーム(OS):Microsoft Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016
<導入されるソフトウェア一覧>
EEEサーバー:Ver.3.1.0
プラットフォーム(OS):Microsoft Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016/ 2019
<導入されるソフトウェア一覧>
EEEサーバーの利用に関する運用の切り換えについて

EEEサーバーを利用せずにESET Endpoint Encryptionを導入して運用している環境で、後からEEEサーバーを導入し、導入したEEEサーバーで既存のESET Endpoint Encryptionを管理することはできません。
同様にEEEサーバーを利用してESET Endpoint Encryptionを管理している運用から、EEEサーバーを利用しない運用へ切り替えることはできません。

評価版から製品版へ切り換える場合の注意について

評価版 EEEサーバーの評価後、製品版を導入する場合は、以下の点にご注意ください。

  • 評価版を利用しているサーバーとは別のサーバーへ管理プログラムEEEサーバーを導入する場合

    ⇒導入手順は、新規インストール手順と変わりません。
  • 評価版を利用しているサーバーをそのまま本番環境で利用する場合

    ⇒評価版で利用したプロダクトID、プロダクトキーを製品化する処理を行います。
     製品注文時にその旨、備考欄にご記入ください。
プログラム : 
ESET Endpoint Encryption
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・