キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 13245
  • 公開日時 : 2021/07/01 11:00
  • 印刷

セキュリティ管理ツールから、クライアント用プログラム / iOS端末 / Mobile Device Connector のアクティベーションをするには?

回答

以下の手順で、セキュリティ管理ツールで管理しているクライアント端末上のESET製品 / iOS端末 / Mobile Device Connector のアクティベーション(製品認証キー、または、ユーザー名・パスワードの設定)をおこなうことができます。
 
Step.1 セキュリティ管理ツール にライセンス情報を登録する
 
※ 既にライセンス情報を登録している場合、本手順を実施する必要はありません。後述のStep.2を実施してください。
  1. Webコンソールを起動して、ログインします。
    Webコンソールには以下URLよりアクセスできます。
    例:https://(サーバー名、または、IPアドレス)/era/
     
  2. 画面左側の[詳細]→[ライセンス管理]→[アクション]をクリックして、[ライセンスの追加]を選択します。
    ※ V7.0 をご利用の場合、[詳細]→[ライセンス管理]をクリックして、[ライセンスの追加]を選択します。

     
  3. ラジオボタンから[製品認証キー]を選択し、製品認証キーを[製品認証キー]欄に入力し、画面下部の[ライセンスの追加]ボタンをクリックします。
    ※ 製品認証キーの確認方法は、こちらのWebページをご参照ください。
  4. [<製品認証キー>によってライセンスが追加されました。]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。
  5. [ライセンス管理]画面に追加したライセンス情報が表示されます。
 
Step.2 「製品のアクティベーション」タスクをクライアント端末に配布する
  1. 画面左側の[タスク]アイコンをクリックして、[新規作成]から[クライアントタスク]を選択します。
    ※ V7.0 をご利用の場合、[タスク]アイコンをクリックして、[新規作成]を選択します。
  2. [基本]の各項目を以下の通り設定します。
    名前 タスクの名前を入力(例:アクティベーション)
    タグ(V7.1 以降) 作成中のタスクに付けたいタグの選択(任意)
    説明 タスクの説明を入力(任意)
    タスク分類 [ESETセキュリティ製品]を選択
    タスク [製品のアクティベーション]を選択

  3. [設定]をクリックして開き、[ESETライセンス]下のリンクをクリックします。
  4. 新しく適用するライセンス情報を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 最後に、[サマリー]に表示されるタスクの概要に問題がないことを確認のうえ、[終了]ボタンをクリックします。
  6. [クライアントタスクが作成されました。今すぐトリガーを追加しますか?]のポップアップが表示されるので、[トリガーの作成]ボタンをクリックします。
  7. [新しいトリガーの追加]画面の[基本]項目が表示されるので、トリガーの説明を入力します。(任意)
  8. [ターゲット]項目を展開して、以下を参考に、[コンピューターの追加]または[グループの追加]をクリックします。
    選択箇所 詳細
    コンピューターの追加 クライアントタスクを、特定のクライアント端末に対して実行したい場合
    グループの追加
    クライアントタスクを、グループに対して実行したい場合
     
    ※ 選択したグループに登録しているすべてのクライアント端末に、クライアントタスクが実行されます。
     
  9. 以下より手順8の選択にあわせて手順を実施し、[OK]ボタンをクリックします。
    • [コンピューターの追加]を選択した場合
      管理しているクライアントのグループ(画面上部左側)より、クライアントタスクを適用したいクライアント端末が登録してあるグループを選択し、該当するクライアント端末(画面上部右側)にチェックを入れます。

    • [グループの追加]を選択した場合
      管理しているクライアントのグループ(画面上部左側)より、クライアントタスクを適用したいグループにチェックを入れます。
  10. [OK]ボタンをクリックします。

  11. [トリガー]項目を展開して、お客さまの運用方法にあったタスクの実行方法を選択し、詳細を設定して、[終了]ボタンをクリックします。
  12. クライアント端末がセキュリティ管理ツールに接続した、または、セキュリティ管理ツールがプッシュ通知を送信したタイミングでタスクを受信し、トリガーで設定した時間にタスクが実行され、設定が適用されます。
 
 
プログラム
ESET Security Management Center, ESET PROTECT
プラットフォーム(OS)
Windows Server, Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・