キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3771
  • 公開日時 : 2015/10/21 16:00
  • 印刷

ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop の検査をコマンドラインから実施するには?

回答

ここでは、ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop の検査をコマンドラインから実施する方法をご案内しています。
 
ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop の検査は以下のコマンドで実行できます。
/opt/eset/esets/sbin/esets_scan [オプション]
 
検査方法は、[オプション]箇所に入力するコマンドによって指定することができ、オプションの詳細は下記コマンドで確認していただけます。
/opt/eset/esets/sbin/esets_scan --help
 
以下にオプションで検査方法を指定したコマンドの使用例をご紹介します。
 
 
<使用例1:すべてのローカルディスクを検査して、自動的に駆除する>
  1. [Ctrl]+[Alt]+[T]を押して、端末(Terminal)を起動します。
  1. 下記のコマンドを実行します。
/opt/eset/esets/sbin/esets_scan --auto
  1. 検査が実行され、検査結果が表示されます。
 
<使用例2:任意のディレクトリを検査して、指定したファイルにログを書き込む>
  1. [Ctrl]+[Alt]+[T]を押して、端末(Terminal)を起動します。
  1. 下記のコマンドを実行します。
/opt/eset/esets/sbin/esets_scan %directory% --log-file=FILE
※[%directory%]には、検査を実施する任意のディレクトリを指定します。
※[FILE]には、検査したログを書き込むファイルを指定します。
  1. 検査が実行され、検査結果が表示されます。同時に、ログは指定したファイルに書き込まれます。
 
 
プログラム : 
ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop
プラットフォーム(OS) : 
Linux Desktop

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・