キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 15038
  • 公開日時 : 2021/01/19 13:00
  • 印刷

ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを使用してOPALで暗号化したHDD/SSDを復号する手順(TPMを利用している場合)

回答

本ページでは、管理サーバーESET Endpoint Encryption Server(以下、EEEサーバー)で管理されており、OPALモードを利用して暗号化している クライアントPCが、 何らかのトラブルでWindowsを起動できなくなった場合に、クライアントPCの暗号化されたHDD/SSDを復号する方法についてご案内いたします。

本復号手順は、USBブートできるESET Encryption Recovery OPAL Utilityという起動メディアを作成し Windowsが起動できなくなった クライアントPC上でUSBブートして使用します。

なお、Opalモードで暗号化している場合、TPMを使用しているケースと使用していないケースで手順が異なります。
本ページでは、TPMを使用しているケースの手順をご案内いたします。

参考

TPMを使用せず、OPALモードにて暗号化している場合は下記をご参照ください。

▼ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを使用してOpalで暗号化したHDD/SSDを復号する手順

https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/14817?site_domain=encryption

!注意!

HDD/SSDの物理障害によってWindowsが起動できない場合は、ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを使用しても、暗号化されたHDD/SSDを復号することはできません。

はじめに

本ページの手順を実施するには、下記をご準備ください。

  • Windowsが起動できるコンピューター1台
  • ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utility起動用のUSBフラッシュメモリ
    ※USBフラッシュメモリをフォーマットすると、USBフラッシュメモリ内のデータが消去されますので、フォーマット前にバックアップをお取りください。
    ※Windowsでは、32GBを超える領域をFAT32でフォーマットすることはできないため、 容量が16MB~32GB内のUSBフラッシュメモリをご利用ください。
  • 復号対象のPCにキーボードが接続されている
!注意!

<ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを起動する上での注意事項>

  • 復号中の電源断を防ぐため、あらかじめコンピューターをAC電源に接続しておいてください。
  • ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを起動するには、BIOSの起動優先順位設定で、ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを起動するデバイスの起動優先順位がHDD/SSDより上に設定されている必要があります。
    起動優先順位の設定については、メーカー・機種によりさまざまですので、PCメーカーのサポートセンターへご確認ください。
  • ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityはセキュアブートが有効になっていると起動しません。
    本手順を実施する前にはセキュアブートを無効に設定してください。
  • 復号対象のPCにESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityで使用するファイルを保存するメディアを接続した状態で作業を実施ください。
ESET Encryption OPAL Recovery Utility 起動メディアの作成手順
ESET Endpoint Encryption OPAL Recovery Utilityを起動してHDD/SSDを復号する手順

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・