キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (個人向け / 法人向け製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 115
  • 公開日時 : 2022/08/23 10:45
  • 印刷

セキュリティ管理ツールを利用して、クライアント用プログラムの検出エンジンのアップデート冗長化をおこなうには?

回答

セキュリティ管理ツールを利用して、Windows 向けクライアント用プログラムの検出エンジンのアップデート冗長化をおこなう手順は以下のとおりです。
 
ここでは例として、クライアント端末に以下の設定でアップデートの冗長化をおこなわせる手順をご案内します。
プライマリ 社内ミラーサーバー経由でアップデートする
セカンダリ インターネット経由でアップデートする
 
 
< 対象プログラム >
 
◆ セキュリティ管理ツール
  • ESET PROTECT Cloud
  • ESET PROTECT
  • ESET Security Management Center
◆ クライアント用プログラム
  • ESET Endpoint Security
  • ESET Endpoint アンチウイルス
  • ESET Server Security for Microsoft Windows Server
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server
※ Mac向けクライアント用プログラム、および、Linux向けクライアント用プログラムについては、設定手順が異なります。
 
 
< 設定手順 >
 
設定の変更点をまとめたポリシーを作成し、クライアント端末に適用します。
  1. 以下の手順でセキュリティ管理ツールにログインします。
ESET PROTECT Cloud の場合
 
ESET PROTECT
ESET Security Management Center の場合
 
  1. 画面左側の[ポリシー]をクリックして、[新しいポリシー]を選択します。

  2. [基本]項目内の[名前]と[説明]に、任意の名前と説明を入力します。(例:名前「Windows用 セキュリティ製品 - アップデート」 / 説明「アップデートの冗長化をおこないます。」)

  3. [設定]項目内の[製品を選択…]をクリックし、ポリシーの配布対象となるプログラムを選択します。
    • Windows向けクライアント用プログラム
      ESET Endpoint for Windows
       
    • Windows Server向けクライアント用プログラム
      ESET Server /File Security for Windows Server (V6+)

  4. 社内ミラーサーバー経由でアップデートする設定(プライマリ)のプロファイルを作成します。
     
    作成手順はこちら
     
  5. インターネット経由でアップデートする設定(セカンダリ)のプロファイルを作成します。
     
    作成手順はこちら
     
  6. [ツール]→[スケジューラ]→[編集]をクリックします。

  7. [定期的に自動アップデート]を選択して、[編集]ボタンをクリックします。

  8. [タスク詳細]画面が表示されます。内容を確認して[次へ]ボタンをクリックします。

  9. [タスクの実行]、または、[タスクタイミング]画面が表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。

  10. タスクの実行間隔を設定する画面が表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。

  11. [タスクが実行されなかった場合]、または、[実行されなかったタスク]画面が表示されます。内容を確認して[次へ]をクリックします。

  12. [タスク詳細]画面が表示されます。アップデートに使用するプロファイルの[アクティブなアップデートプロファイルを使用する]のチェックを外して、[プロファイル]のプルダウンリストから、手順5で作成したプライマリ用のプロファイル名(例:ミラーサーバー)を選択します。

  13. アップデート時に使用するセカンダリプロファイルの[アクティブなアップデートプロファイルを使用する]のチェックを外して、[プロファイル]のプルダウンリストから、手順6で作成したセカンダリ用のプロファイル名(例:インターネット)を選択します。

  14. [終了]ボタンをクリックします。

  15. [保存]ボタンをクリックします。

  16. [割り当て]項目を展開して、[割り当て]ボタンをクリックします。

  17. 管理しているクライアントのグループ(画面上部左側)、および、コンピューター名(画面上部右側)より、ポリシーを適用したいグループ、または、クライアント端末にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。

  18. [終了]ボタンをクリックして、ポリシーを作成、適用します。
 
 
プログラム
ESET Security Management Center, ESET PROTECT, ESET PROTECT Cloud
プラットフォーム(OS)
Windows Server, Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

引き続きサポート情報をご覧になる場合は・・・