• No : 4488
  • 公開日時 : 2021/10/11 13:00
  • 印刷

クライアント端末で、特定のファイル / フォルダーをカスタム検査の検査対象から除外してコンピューターを検査するには?

回答

ここでは、クライアント端末でカスタム検査を使用する際に、特定のファイル / フォルダーをコンピューターの検査から除外するために必要な設定についてご案内しています。
 
本設定により検査対象から除外されたファイル / フォルダーは、カスタム検査時には検査されませんが、リアルタイムファイルシステム保護機能によるウイルス検査(ファイルの作成 / オープン / 実行時のウイルス検査)にて常時監視されています。
 
手順の詳細は、以下をご参照ください。
 
ESET Endpoint Security V7.x / V8.x
ESET Endpoint アンチウイルス V7.x / V8.x
ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8.x
ESET File Security for Microsoft Windows Server V7.x の場合
 
ESET Endpoint Security V6.6
ESET Endpoint アンチウイルス V6.6 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5
ESET Endpoint アンチウイルス V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5
ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 の場合
 
ESET Endpoint Security for OS X V6.x
ESET Endpoint アンチウイルス for OS X V6.x の場合
 
ヒント
  • 本手順は、セキュリティ管理ツールから設定することはできません。
     
  • リアルタイムファイルシステム保護機能によるウイルス検査を含むすべての検査の対象から除外してコンピューターを検査したい場合は、以下のWebページをご参照ください。
    ・Windows 向けのクライアント用プログラムの除外設定をおこなう場合はこちら
    ・Mac / Linux  向けのクライアント用プログラムの除外設定をおこなう場合はこちら
    ・セキュリティ管理ツールを利用して除外設定をおこなう場合はこちら
    ・特定のドライブ / メディアの除外設定をおこなう場合はこちら
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Endpoint Security for OS X, ESET Endpoint アンチウイルス for OS X, ESET Server Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server, Mac