キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3463
  • 公開日時 : 2022/05/18 16:07
  • 印刷

Windows環境のクライアント端末にて通常起動/セーフモードでより詳細な検査を実施する手順

回答

ここでは、Windows環境のクライアント端末にて、通常起動/セーフモードでより詳細な検査を実施する手順をご案内しています。
なお、より詳細な検査では、ウイルスの有無の検査だけでなく、以下のアプリケーションの有無も検査します。
  • 利用が推奨されないアプリケーション
  • 利用時に注意が必要なアプリケーション(望ましくない可能性があるアプリケーション、安全ではない可能性があるアプリケーション、疑わしい可能性のあるアプリケーション)
 
 
■ 通常起動でより詳細な検査を実施する
 
以下のような場合は、通常起動でより詳細な検査を実施してください。
  • ウイルス検出時などに、より詳細な検査で他のウイルスの有無を確認したい場合
  • 常に、より詳細な検査を実施したい場合
    など
手順は以下の通りです。
※ 現在ご利用中のバージョンの確認方法はこちら
 
  1. 画面右下の通知領域内のESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。
    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。
  2. [設定]→[詳細設定]をクリックして、設定ウインドウを開きます。
  3. [検出エンジン]をクリックして、以下の項目の設定を行います。
V7.1 以前をご利用の場合
 
V7.2 以降をご利用の場合
  1. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
    ※ [ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。

  2. 基本画面の[コンピューターの検査]、または、[検査]→[コンピューターの検査]をクリックし、コンピューターの検査を実施します。

  3. 検査が完了したら、見つかった脅威の数を確認します。駆除の数が表示されている場合は、あわせて駆除の数も確認してください。
     
    ● 検出(見つかった脅威)の数が0、または、駆除に「すべて」と表示されている場合
    ウイルスを検出していない、または、検出したウイルスをすべて駆除できています。
    定期的により詳細な検査を実施することを推奨します。
     
    ● 検出(見つかった脅威)の数と駆除の数字が一致しない場合
    一部、ウイルスを駆除できていません。通常起動時には駆除できないウイルスの可能性があります。
    後述の「セーフモードでより詳細な検査を実施する手順」を実施してください。
 
■ セーフモードでより詳細な検査を実施する
 
以下のような場合は、セーフモードでより詳細な検査を実施してください。
  • 通常起動でより詳細な検査を実施したが、ウイルスの駆除ができない場合
  • ウイルスとして検出したアプリケーションが、プログラム一覧から削除できない場合
  • ウイルスとして検出したアプリケーションが、プログラム一覧に無く削除できない場合
    など
手順は以下の通りです。
 
実施手順はこちら
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Server Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局