キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けゲートウェイ製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 159
  • 公開日時 : 2021/03/31 11:44
  • 印刷

次年度更新をした際に、ライセンスキーファイルの入れ替えが必要なプログラムの一覧とその入れ替え手順

回答

ESET製品の次年度更新をした際には、ライセンスキーファイルの入れ替えが必要になります。
 
ここでは、次年度更新をした際に、ライセンスキーファイルの入れ替えが必要なプログラムの一覧とその入れ替え手順をご案内しています。
※ インターネット経由でウイルス定義データベースをアップデートするために設定するユーザー名とパスワードは、ライセンスの次年度更新の際には変更はありませんので、設定しなおす必要はございません。
 
 

 
■ ライセンスキーファイルの入れ替えが必要なプログラムの一覧

ライセンスキーファイルの入れ替えが必要なプログラムは、以下の通りです。
  • ESET File Security for Linux V4.5
  • ESET Mail Security for Linux V4.5
  • ESET Web Security for Linux V4.5
 

 
■ ライセンスキーファイルの入れ替え手順

各プログラムのライセンスキーファイルの入れ替え方法は、以下をご参照ください。
 
ESET File Security for Linux V4.5 の場合
 
ESET Mail Security for Linux V4.5
ESET Web Security for Linux V4.5 の場合
 
 
プログラム
ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Linux, ESET Mail Security for Linux, ESET Web Security for Linux, ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server, Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局