キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 11909
  • 公開日時 : 2019/06/26 17:52
  • 印刷

Windows向けクライアント用プログラムを、マスターイメージに定期的に復元可能な環境(VDI環境)で利用するには?

回答

ESET Endpoint Security V7 / ESET Endpoint アンチウイルス V7 より、定期的にイメージがマスターイメージに復元される環境(VDI環境)でご利用いただけます。
VDI環境でご利用になる際の注意点やご利用手順については以下をご参照ください。
 
※ なお、以下では「ESET Security Management Center」を"ESMC"と表記しています。
 
◆ ご利用可能なVDI環境の設定について
 
ESET製品は以下の組み合わせで構築されたVDI環境をサポートしています。
  • 物理マシンで Citrix PVS 7.0 以降をご利用の環境
  • Citrix XenServer 7 以降で構築された仮想サーバーで Citrix PVS V7.0 以降をご利用の環境
  • Citrix XenServer 7 以降で構築された仮想サーバーで Citrix PVS V7.0 以降と Citrix XenDesktop をご利用の環境
  • Citrix XenServer 7 以降で構築された仮想サーバーで Citrix PVS を利用せずに Citrix XenDesktop をご利用の環境
  • VMWare ESXi で構築された仮想サーバーで VMWare Horizon 7 以降をご利用の環境
  • Microsoft SCCM を使用してコンピューターのマスターイメージを再イメージングしている環境
 
◆ VDI環境でご利用になる際の注意点
 
VDI環境のコンピューターを ESET Security Management Center で管理する場合は、以下の注意点をご確認ください。
 
注意点
 
 
◆ ご利用手順
 
● 事前準備
 
当該環境でクライアント用プログラム V7 をご利用になるには、事前に申請が必要となります。
詳しくは、弊社サポートセンターへお問い合わせください。
 
なお、当該環境での利用には、以下の注意事項があります。
  • 当該環境下でアクティベーションしたコンピューターは、ESET License Administrator に表示されません。
  • 次年度更新の際は、マスターイメージ側で、オフラインライセンスファイルの入れ替えが必要になります。
 
● Step.1 マスターイメージを作成するコンピューターのセットアップ
 
マスターイメージを作成するコンピューターにクライアント用プログラムをインストールし、[● 事前準備]で取得したオフラインライセンスファイルを使用してアクティベーションを実施してください。
また、インストール後、自己防衛機能を無効にする必要があります。
 
以下のWebページを参考に、クライアント用プログラムをインストールします。
 
Windows向けクライアント用プログラムのアクティベーションは以下のWebページをご参照のうえ、[● 事前準備]で取得したオフラインライセンスキーファイルでアクティベーションを実施してください。
 
なお、VDI環境のコンピューターを ESET Security Management Center で管理する場合は、ESET Management エージェント もインストールする必要があります。
 
ESET Management エージェントのインストール
 
 
● Step.2 VDI製品での設定
 
ESMCでVDIのリンククローン機能を使用して復元されたコンピューターを毎回既存のコンピューターと一致させるためには、お使いのVDI製品側のデスクトッププールの設定で復元されるコンピューターのフィンガープリントが更新されないように、以下の設定をする必要があります。
  • フルクローンを作成される場合:ログオフ後にマシンを削除しない設定
  • リンククローンを作成される場合:ログオフ後にマシンを削除しない設定、または、ログオフ時にマシンを更新する設定
※ インスタントクローンで作成されたVDI環境はサポートされていません。
 
 
● Step.3 マスターイメージの作成
 
Step.1でセットアップしたコンピューターを使用して、マスターイメージを作成します。
 
※ マスターイメージの作成に失敗する場合、クライアント用プログラムの自己防衛機能が有効となっていることで失敗している可能性があります。
以下のWebページをご参照のうえ、Step.1 でインストールしたクライアント用プログラムの自己防衛機能を無効に設定し、再度マスターイメージの作成をおこなってください。
 
 
● Step.4 ESMCでの設定(ESMC をご利用の場合のみ)
 
ESMCを利用する場合のみ、本手順を実施してください。
ESMCを利用していない場合は、本手順は不要です。「Step.5 マスターイメージの展開、または、配信」へお進みください。
 
ESMCにマスターイメージとなるマスターコンピューターを登録します。
※ ESMC にマスターコンピュータ―として登録しているコンピューターの情報を削除した場合、ID(複製)の回復ができなくなりますので、コンピューターの情報を削除しないようご注意ください。
 
手順
 
 
Step.5 マスターイメージの展開、または、配信
 
Step.3で作成したマスターイメージを、お客さまの運用に合わせて展開、または、配信します。
 
 
● Step.6 自己防衛機能の有効化(無効に設定している場合のみ)
 
マスターイメージの作成の際に、自己防衛機能を無効に設定している場合は、VDI環境側のコンピューターのクライアント用プログラムに対して、自己防衛機能の設定を有効に戻します。
 
 
※ VDI環境上のコンピューターがESMCのコンピューターの一覧に表示されない場合 ※
 
マスターイメージをVDIプールを作成して展開している場合、VDIプールを作成する前にESMCにマスターコンピュータ―を登録していないと、展開後のVDI環境上のコンピューターがESMCのコンピューターの一覧に表示されません。
その際は、複製の質問の解決をおこなってください。
 
手順
 
ヒント
・ESET Endpoint Security V6 / ESET Endpoint アンチウイルス V6 は、定期的にイメージがマスターイメージに復元される環境(VDI環境)でご利用いただけません。
 
・定期的にイメージがマスターイメージに復元されない環境でご利用になる場合は、以下のWebページをご参照ください。
 
プログラム : 
ESET Security Management Center
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server, Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局