キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 44
  • 公開日時 : 2021/10/11 13:00
  • 印刷

HIPS機能、および、自己防衛機能を有効 / 無効にするには?

回答

以下の手順で、Windows / Windows Server向けクライアント用プログラムに実装されている「HIPS機能」および「自己防衛機能」の設定を変更することができます。
 
■ 「HIPS機能」、「自己防衛機能」とは?
  • HIPS(ホスト型侵入防止システム)機能
    任意のシステムレジストリ / プロセス / アプリケーション / ファイルに対して変更可否などのルールを定義し、不要な動作を制限することでコンピューターを保護する機能です。

  • 自己防衛機能
    ESET製品自身がウイルスなどにより改変、削除されることを防止する機能です。
 
■ 設定手順
 
HIPS機能、および、自己防衛機能を有効 / 無効にするには、以下の手順に従って設定してください。
 
※ 本手順ではコンピューターの再起動が必要になります。
※ 現在ご利用中のプログラムのバージョンの確認方法はこちら
 
< クライアント端末を直接操作して設定を変更する場合 >
 
ESET Endpoint Security V7 / V8
ESET Endpoint アンチウイルス V7 / V8
ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8 の場合
ESET File Security for Microsoft Windows Server V7 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 / V6.6
ESET Endpoint アンチウイルス V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 / V6.6
ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 の場合
 
 
< セキュリティ管理ツールを使用して設定を変更する場合 >
 
HIPS機能、および、自己防衛機能に関して設定したポリシーを新たに作成し、設定を適用したいコンピューターに配布します。
※ 本手順で作成したポリシーを配布されたコンピューターは、設定の変更を適用するために再起動を実施する必要があります。
 
ポリシー作成の全体の手順については、以下のWebページの「ポリシーを「新規作成」「複製」する場合」をご参照ください。
なお、ポリシーの設定(以下のWebページの手順5)については、後述の「●ポリシーの設定」をご確認ください。
 
● ポリシーの設定
 
上記Webページ内の手順5で、[検出エンジン]→[HIPS]→[基本]と展開して、以下の項目を変更してください。
  • [HIPSを有効にする]
  • [自己防衛を有効にする]

 
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Server Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局