• No : 7737
  • 公開日時 : 2020/11/24 13:00
  • 印刷

macOS High Sierra 10.13 以降の環境でESET製品を利用しようとすると、「機能拡張がブロックされました」などと表示される

回答

macOS High Sierra 10.13 以降の環境で、以下のESET製品のインストール時などに、「機能拡張がブロックされました」などとメッセージが表示されます。
  • ESET Cyber Security Pro V6.5 以降
  • ESET Cyber Security V6.5 以降
 
機能拡張がブロックされました
 
 
コンピューターは保護されていません。
 
 
 
 
上記のメッセージは、macOS High Sierra 10.13 からのOSの仕様変更により、カーネル拡張モジュールをロードする際にユーザーの承認が必要になったため、ESET製品のインストール時などに表示されるようになりました。
 
macOS High Sierra 10.13 以降の環境でESET製品をご利用になる場合は、以下の【 手順 】で、OS側でESET製品の許可をおこなったうえで必ずコンピューターの再起動をおこなってください。
 
【 手順 】
  1. 「機能拡張がブロックされました」のメッセージより[OK]ボタンをクリックします。
※ ESET Cyber Security pro V6.5 / ESET Cyber Security V6.5 を新規にインストールする場合は、["セキュリティ"環境設定を開く]ボタンをクリックし、手順3へ進んでください。
 
(※ 画面は macOS High Sierra 10.13 のものです。)
  1. ESET製品のライセンス入力画面が表示された後に、「コンピューターは完全に保護されていません。」(または、「コンピューターは保護されていません。」)のメッセージが表示されます。
    [システム設定を開く](または、[システム環境設定を開きます])ボタンをクリックします。
(※ 画面は ESET Cyber Security Pro V6.6 のものです。)
 
※ メッセージが閉じてしまった場合は、「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」をクリックしてください。
  1. 以下の画面が表示された場合は、[OK]ボタンをクリックしてください。
(※ 画面は macOS Mojave 10.14 のものです。)
  1. 「セキュリティとプライバシー」画面が表示されるので、「開発者元"ESET, spol. s.r.o."のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」の[許可]ボタンをクリックします。

    ※ [許可]ボタンがクレーアウトしている場合は、左下にある「変更するにはカギをクリックします。」をクリックし、ロックを解除してから[許可]ボタンをクリックします。
(※ 画面は macOS High Sierra 10.13 のものです。)
ヒント
[許可]ボタンをクリックしても反応がない場合は、以下をお試しください。
  • コンピューターにリモートでアクセスしている場合は、コンピューターに物理的にアクセスし直してください。

  • 他のコンピューターへリモート接続しているか、または、他のコンピューターへリモート接続した時のセッションが残っている可能性がある場合は、コンピューターを再起動してください。

  • サードパーティのアプリケーション(MagicPrefs、Synergy、BetterTouchToolなど)を使用してマウスやトラックパッドをエミュレートしている場合は、そのアプリケーションを終了またはアンインストールしてください。
  1. 手順2のESET製品のライセンス入力画面にて、以下のWebページをご参照のうえ、製品のアクティベーションをおこなってください。
    [Q&A]ESET Cyber Security Pro / ESET Cyber Security のアクティベーション(製品認証キー、または、ユーザー名・パスワードの設定)方法
  1. コンピューターを再起動します。
 
※ 本手順を一度実施すると、再度プログラムをインストールしてもメッセージは表示されません。
 
 
プログラム : 
ESET Cyber Security Pro, ESET Cyber Security
プラットフォーム(OS) : 
Mac