• No : 11370
  • 公開日時 : 2024/02/21 10:03
  • 印刷

Windows環境で自動アップデート機能・プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を使用して最新バージョンへバージョンアップをおこなうには?

回答

Windows環境で、以下のプログラムからバージョンアップする場合、自動アップデート機能・プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を使用して、自動で最新バージョンへバージョンアップすることができます。
 
※ バージョンアップ先のプログラムによっては、手動でのバージョンアップが必要な場合があります。
  • ESET Endpoint Security V8.0 以降
  • ESET Endpoint アンチウイルス V8.0 以降
  • ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8.0 以降
 
本機能を使用したバージョンアップでは、インストーラーのダウンロード、インストーラーの実行といった手順をお客さまで実施する必要がありません。
詳細の手順は、以下をご確認ください。
 
※ ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルス / ESET Server Security for Microsoft Windows Server V9.0 より、プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能は自動アップデート機能へ刷新されました。以降、「自動アップデート機能」と記載します。
 
◆ 配信されるプログラムのバージョン
 
自動アップデート機能で配信されるプログラムのバージョンは、以下です。
 
< ESET Endpoint Security / ESET Endpoint アンチウイルス の場合 >
  • バージョンアップ後のプログラム:V11.0.2032.1
  • 実施日:2024年1月11日より順次配信
     
  • バージョンアップ後のプログラム:V10.1.2063.1 / V10.0.2052.1 / V9.1.2071.1
  • 実施日:2024年2月1日より順次配信
 
< ESET Server Security for Microsoft Windows Server の場合 >
  • バージョンアップ後のプログラム:V10.0.12015.3
  • 実施日:2024年2月21日より順次配信
     
  • バージョンアップ後のプログラム:V9.0.12019.1
  • 実施日:2024年2月6日より順次配信
 
◆ 自動アップデート機能について
 
以下のWebページで、仕様や注意事項をご案内しています。ご確認ください。
 
自動アップデート機能は、ESET社のサーバーにバージョンアップ用プログラムが公開されると使用できます。プログラムが公開されるまでは、本機能の設定を有効にしてもバージョンアップされません。
 
◆ 事前準備
  • セキュリティ管理ツールで管理している場合は、以下の設定が必要になります。
    本設定をすることで、使用許諾契約(EULA)に変更がある場合に通知画面が表示されます。
     
    以下のいずれかの設定をおこなってください。
     
    〇 対話アラート「新しいアップデートが利用可能です」画面を表示する
     
    手順の詳細は、以下のWebページをご参照ください。
    なお、セキュリティ管理ツールから設定変更する場合、手順2では、「アップデートを利用できます」の「ユーザーに確認する」にチェックマークを入れます。
    [Q&A] ESET製品の対話アラートを表示、または、非表示にするには?
     
    〇セキュリティ管理ツールから使用許諾契約(EULA)に同意する
     
    使用許諾契約(EULA)に変更がある場合、自動アップデート機能が実行されると、セキュリティ管理ツールの上部に使用許諾契約(EULA)に関する通知が表示されます。表示された画面から同意してください。
     
    1. 以下の手順でセキュリティ管理ツールにログインします。
    クラウド型セキュリティ管理ツールの場合
     
    オンプレミス型セキュリティ管理ツールの場合
     
    1. 画面右上(または、画面上部)に表示された通知の[変更されたエンドユーザーライセンス契約を表示]をクリックします。

    2. エンドユーザーライセンス契約にチェックを入れ、[同意]→[完了]をクリックします。
     
 
◆ 自動アップデート機能を使用してプログラムのバージョンアップをおこなう手順
 
24時間に1回、自動でバージョンアップがおこなわれます。
バージョンアップが完了すると、再起動を促す通知が表示されます。必ず再起動を実施してください。
 
以下の画面が表示されるため、[同意して今すぐアップデート]をクリックしてください。
 
 

 
● 手動で自動アップデート機能を使用してバージョンアップを実施したい場合
  1. 以下のいずれかのパターンで、自動アップデート機能を手動で実行します。
パターン1:[アップデート]→[最新版のチェック]をクリックします。
 

パターン2:[ツール]→[スケジューラ]→タスク項目にある[アップデート]を右クリック、「今すぐ実行」を選択します。
 
  1. 設定値を[アップデート前に確認する]にしている場合、以下の確認画面が表示されます。[同意してアップデート](または[今すぐ製品をアップデート])をクリックします。
    ※ 設定値を[自動アップデート]にしている場合、本画面は表示されません。手順3へお進みください。
  
  1. 以下の画面が表示された場合は、[同意して今すぐアップデート]をクリックしてください。
  1. バージョンアップが完了すると、以下の再起動を促す画面が表示されます。[今すぐ再起動]をクリックして、再起動を実施してください。
 
以上で、バージョンアップは完了です。
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Server Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server