• No : 91
  • 公開日時 : 2022/07/01 10:00
  • 印刷

セキュリティ管理ツールのサポート対象データベースについて

回答

セキュリティ管理ツールでは以下のデータベースの利用をサポート対象としています。
 
サポート対象データベース ESET Security Management Center ESET PROTECT
V7.1 ※1 V7.2 V8.0 / V8.1 V9.0
Microsoft Office Access - - - -
Microsoft SQL Server 2005 Express Edition -
-
- -
Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition - - - -
Microsoft SQL Server 2008 Express Edition
Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition
- - - -
Microsoft SQL Server 2008
(Express / Standard 以外のエディション)
- - - -
Microsoft SQL Server 2008 R2 Express Edition
Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition
- - - -
Microsoft SQL Server 2008 R2
(Express / Standard 以外のエディション)
- - - -
Microsoft SQL Server 2012 Express Edition
Microsoft SQL Server 2012 Standard Edition
-
Microsoft SQL Server 2012
(Express / Standard 以外のエディション)
-
Microsoft SQL Server 2014(全エディション)(※2)(※3)(※4)
Microsoft SQL Server 2016(全エディション)
Microsoft SQL Server 2017(全エディション)
Microsoft SQL Server 2019(全エディション)(※4) -
MySQL(バージョン 5.5)(※5) - - - -
MySQL(バージョン 5.6)(※5)
MySQL(バージョン 5.7)(※5)
MySQL(バージョン 8.0)(※6)
 
※1 ESET Security Management Center V7.1 のサポートは、2022年6月30日をもって終了しました。
 
※2 2020年6月8日より、Windows Server 2008 R2 への新規インストールは、非対応に変更しました。
 
※3 ESET Security Management Center V7.1 のオールインワンインストーラーでは、Microsoft SQL Server 2014 が既定でインストールされます。
 
※4 ESET Security Management Center V7.2 / ESET PROTECT V8.x 以降のオールインワンインストーラーでは、ご利用環境にあわせて、Microsoft SQL Server 2014 Express Edition 、または、Microsoft SQL Server 2019 Express Edition が既定でインストールされます。
 
※5 ODBCドライバは、バージョン 5.3.10 以前の利用をサポートしています。バージョン 5.3.11 以降(8.x 以降を含む)の利用は推奨いたしませんのでご注意ください。
 
※6 ODBCドライバは、バージョン 8.0.16 / 8.0.17 の利用をサポートしています。
 
 
< 注意事項 >
  • Microsoft SQL Serverを選択する場合は、他の製品サービスには利用せず、セキュリティ管理ツール専用のデータベースとしてご利用ください。
  • ドメインコントローラーとして利用しているサーバーで、Microsoft SQL Serverをデータベースとして利用する環境はサポート対象外となります。
    セキュリティ管理ツールをドメインコントローラーにインストールする場合は、データベースにはMySQLをご利用いただき、その他の必要なプログラムはコンポーネントプログラムから個別にインストールしてください。
 
 
プログラム
ESET Security Management Center, ESET PROTECT
プラットフォーム(OS)
Windows Server, Linux Server