• No : 47
  • 公開日時 : 2021/02/10 13:00
  • 印刷

設定ファイルのインポート・エクスポート手順

回答

以下の手順で、クライアント用プログラムの設定(設定ファイル)をインポート、または、エクスポートすることができます。
 
 
■ 対象プログラム
  • ESET Endpoint Security
  • ESET Endpoint アンチウイルス
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server
 
■ 注意事項
  • インポートに使用する設定ファイルは、同じプログラム、かつ、同じバージョンでエクスポートされたものである必要があります。異なるプログラムや異なるバージョンでエクスポートした設定ファイルは、インポートには使用できません。
     
    例:ESET Endpoint Security V6.5 にインポートする場合
    ESET Endpoint Security V5.0 でエクスポートした設定ファイル:使用できません。
    ESET Endpoint Security V6.5 でエクスポートした設定ファイル:使用できます。
    ESET Endpoint アンチウイルス V6.5 でエクスポートした設定ファイル:使用できません。

  • OSのバージョンやbit数は、インポート先とエクスポート元で同一である必要はありません。
     
    例:Windows 7(32bit)環境の ESET Endpoint Security V6.5 でエクスポートした設定ファイルは、Windows 10(64bit)環境の ESET Endpoint Security V6.5 にインポート可能です。
 
■ インポート / エクスポート手順
 
設定ファイルをインポート、または、エクスポートする手順は以下の通りです。
  1. 通知領域内のESET製品のアイコンをダブルクリックして基本画面を開きます。
    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。

  2. 基本画面の[設定]をクリックし、[設定のインポート/エクスポート](または、[設定のインポートおよびエクスポート]、[設定をインポート/エクスポートする…])をクリックします。

  3. [設定のインポート/エクスポート画面]が表示されます。
     
    設定をインポートする場合
     
    設定をエクスポートする場合
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server