• No : 3562
  • 公開日時 : 2019/03/28 13:00
  • 印刷

ファイアウォール機能にある「対話モード」で通信の許可ルールを作成する手順

回答

ここでは、Windows環境で、ESET Endpoint Security V5.0 以降 をご利用時に、ファイアウォール機能により遮断された特定の通信を許可するためのルールを作成する手順についてご案内しています。
 
なお、本設定を実施することにより、ファイアウォール機能により遮断されていた特定の通信に対する検査はおこなわれなくなりますが、リアルタイムファイルシステム保護機能(ファイルの読み込み/書き込み/実行時にファイルを検査する機能)にて常時監視されております。
 
※ 以下の手順は、ファイアウォール機能を有効にして実施してください。
 
※ 通信の遮断がファイアウォール機能によるものか確認したい場合は、以下のWebページをご参照ください。
 
【 通信の許可ルールの作成手順 】
 
ESET Endpoint Security V7.0 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.6 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 の場合
 
ESET Endpoint Security V5.0 の場合
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows