• No : 25020
  • 公開日時 : 2023/04/19 10:00
  • 印刷

ESET Internet Security(ARM64プロセッサー環境対応)の変更点(V16.0.24.0→V16.0.26.0)

回答

ARM64プロセッサーへ対応した ESET Internet Security V16.0.24.0 から V16.0.26.0 の変更点は以下の通りです。
 
 
■ 変更(V16.0.24.0 から V16.0.26.0)
 
製品全体の安定性とセキュリティを向上させるマイナーアップデートをおこないました。
 
 
■ 修正(V16.0.24.0 から V16.0.26.0)
 
以下の不具合が修正されました。
  • ESET GUIがクラッシュする問題
  • メールクライアントとプラグインで発生する様々な問題
 
■ ご利用上の注意事項(V16.0.26.0)
 
以下の注意事項があります。
  • 機能制限について

    一部機能がご利用できません。詳細は、こちらのWebページの注意事項をご参照ください。
 
■ 既知の不具合(V16.0.26.0)
 
以下の不具合を確認しております。
  • 電子メールクライアントプラグイン動作の不備【2023.04.19 更新】

    Windows 11 ARM64の一部の環境で、ESETの電子メールクライアントプラグインが正常に動作しません。
※ 本不具合は、ESET Internet Security V16.1.14.0 にて修正されています。最新プログラムへのバージョンアップについてはこちらをご確認ください。
  • 感染メールの件名に追加される文字列の不備
一部のメールサーバー環境において、以下設定項目に日本語を設定すると、意図しない文字列が追加されることを確認しています。
詳細設定→[WEBとメール]→[電子メールクライアント保護]→[警告と通知]→[検出された電子メールの件名に追加するテキスト]
 
 
その他サポート情報につきましては、以下のWebページをご参照ください。
  • 個人向け製品をご利用のお客さまはこちら
  • 法人向けクライアント専用製品をご利用のお客さまはこちら
※ 各製品区分の詳細についてはこちら
 
ヒント
プログラム自動アップデート機能をご利用の場合は自動で最新バージョンにアップデートされます。
手動でのアップデートについては、こちらをご参照ください。
 
 
 
プログラム
ESET Internet Security
プラットフォーム(OS)
Windows