• No : 22878
  • 公開日時 : 2022/11/08 10:00
  • 印刷

ESET Endpoint アンチウイルス の変更点(V9.0.2046.1 → V9.1.2057.1)

回答

ESET Endpoint アンチウイルス V9.0.2046.1 から V9.1.2057.1 の変更点は以下の通りです。
 
■ 追加(V9.0.2046.1 から V9.1.2057.1)
 
以下の機能が追加・強化されました。
  • Windows 11 2022 Update(バージョン「22H2」)への対応【 2022.11.8 追加 】

  • Windows 10 2022 Update(バージョン「22H2」)への対応【 2022.11.8 追加 】

  • 最小モジュールインストーラー(eea_nt64_JPN.msi / eea_nt32_JPN.msi)の提供を開始しました
     
    最小モジュールインストーラーとは?
        
  • 電子メールクライアント保護(詳細設定 →[WEBとメール] →[電子メールクライアント保護])の画面構成・設定項目が変更されました
    ・[電子メールクライアント統合]に、「添付ファイル処理最適化」「詳細電子メールクライアント処理」が追加されました。
    ・[電子メールクライアント]の検査対象メールに、「変更された電子メール」が追加されました。

  • 「コンピューターの検査」画面 →[検査後のアクション]のプルダウンリストに、「強制再起動」が追加されました

  • SysInspector が刷新されました(英語表示になります)

  • 「プログラムと機能」画面から選択できるインストールオプション項目の「修復」が削除され、「エクスポート」が追加されました
    「エクスポート」を選択すると、設定ファイルをエクスポートできます。

  • 診断ログ(詳細設定 →[ツール]→[診断]→[詳細ログ])に以下の項目が追加されました

    ・ESET LiveGuard詳細ログを有効にする
    ・電子メールクライアント保護詳細ログを有効にする

  • アプリケーションステータス(詳細設定 →[通知]→[アプリケーションステータス])に以下の項目が追加されました

    ・ESET LiveGuardでは、LiveGrid®フィードバックシステムを有効にする必要があります
    ・ESET LiveGuardは、ESET LiveGrid®を有効にする必要があります
    ・モジュールのアップデートが失敗しました(十分な空きディスク領域がありません)

  • 通知設定(詳細設定 →[通知])で、「通知」「転送」の項目が独立して表示されるようになりました

  • バージョンアップ等で再起動が必要となった際に、クライアント端末利用者に再起動の通知を促す通知を表示させる機能が追加されました(ESET PROTECT Cloud / ESET PROTECT V9.1 以降で管理している場合のみ)
     
    設定方法や表示される画面の詳細はこちら

  • 使用許諾契約(EULA)の更新が自動でおこなわれ、デスクトップ通知とプログラムの画面上に、使用許諾契約(EULA)を更新した旨が表示されるようになりました(セキュリティ管理ツールで管理していない場合のみ)
 
■ 修正(V9.0.2046.1 から V9.1.2057.1)
 
以下の不具合が修正されました。
  • セキュリティ管理ツールの上書きモードを使用していても、クライアント端末上で一部設定ができない
 
■ ご利用上の注意事項(V9.1.2057.1)
  • セキュリティと安定性のアップデート機能について
     
  • 自動アップデート機能のご利用について

    仕様や注意事項は、以下のWebページをご確認ください。
    [Q&A]自動アップデート機能とは?
     
  • リアルタイムファイルシステム保護の動作について

    アクティベーション後、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートが完了するまでは、リアルタイムファイルシステム保護が有効になりません。
    本プログラムをインストール時、必ずアクティベーションと検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートをおこなってください。
     
  • 旧バージョンから上書きインストール後に表示されるアラートについて
    [Q&A]Windows向けプログラムを上書きインストール後、「デバイスを再起動する必要があります」などが表示される
     
  • SSL/TLSプロトコルフィルタリングについて

    以下の設定で[証明書の有効性を確認する]を選択した場合でも、証明書の有効性が確認できないWebサイトへアクセスした際、確認のダイアログが表示されずにアクセスができる仕様となっています。

    詳細設定画面 →[WEBとメール]→[SSL/TLS]→[証明書の有効性]→[証明書の信頼を確立できない場合]→[証明書の有効性を確認する]

    該当のWebサイトへアクセスを拒否する際は、Webブラウザーにてご対応ください。
     
  • ESET RMM(詳細設定画面→[ツール]→[ESET RMM])のご利用はサポート対象外です
     
  • 上書きインストール後に、「モジュールは最新です」と表示されない

    旧バージョンからの上書きインストール後、最新の検出エンジンが適用されているにもかかわらず、「現在の状況」に「モジュールは最新です」と表示されず、アップデート画面の「前回の成功したアップデート」に「アップデートはまだ実行されていません」と表示されることがあります。
    次回の検出エンジン配信後に本現象は解消し、表示が正常化されます。

  • デバイスコントロールの設定で「CD/DVD」にブロックルールを適用している場合、エクスプローラーよりCD/DVDを[右クリック]-[取り出し]をおこなっても取り出せない

    [設定]画面-[詳細設定]-[デバイスコントロール]- ルールの[編集]より、「CD/DVD」にブロックルールを適用している場合、エクスプローラーよりCD/DVDを[右クリック]-[取り出し]をおこなっても「取り出し中にエラーが発生しました」のポップアップが表示されてメディアを取り出せません。

    直接ドライブの取り出しボタンでメディアを取り出してください。仮想環境の場合は、仮想管理コンソールより取り出してください。
     
  • ミラーサーバーから検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートをおこなう場合、以下の資料をご参照ください
    【 アップデート可能なプログラム対応表

    なお、本資料には以下の内容が記載されています。
    • 本バージョンの検出エンジン(ウイルス定義データベース)をアップデートする上で、使用可能なミラーサーバー(※)
    • 本バージョンのミラー機能を使用して構築したミラーサーバーから、アップデートが可能なクライアント用プログラム
※ オフライン環境などで利用する場合は、ユーザーズサイトに公開している「Windows / Linux の「バージョン9」向けクライアント用プログラムの場合」の検出エンジン(ウイルス定義データベース)ファイルを使用できます。
 
■ 既知の不具合(V9.1.2057.1)
以下の不具合を確認しております。
  • ミラーサーバー機能で、HTTPS接続のための証明書を指定するとミラーサーバーに接続できない

    ESET Endpoint アンチウイルス でHTTPSのミラーサーバーを構築する際、「サーバ秘密鍵のタイプ」で「統合」を指定(※)するとHTTPSミラーサーバーが起動せず、このミラーサーバーに対してHTTPS接続をおこなうと「サーバーに接続できません」というエラーが表示されます。
     
    (※)[設定]画面 -[詳細設定]-[アップデート]-[プロファイル]-[アップデートミラー]-[HTTPサーバー]-[HTTPサーバーのSSL]が該当します。
     
    HTTPSのミラーサーバー機能をご利用の際は、「サーバ秘密鍵のタイプ」で「統合」以外のタイプを設定してください。
     
  • パスワード設定をおこなった状態で、インストーラーのコンテキストメニューからアンインストールを選択した場合にアンインストールが実行できない
     
    プログラムをアンインストールする場合は、コントロールパネルよりアンインストールを実行してください。
     
  • 「対話アラートを表示」を無効にしても、「対話アラートのリスト」のアラートが表示される

    「対話アラートのリスト」のアラートを表示させないようにするには、[設定画面]-[詳細設定]-[ユーザーインターフェース]-[アラートとメッセージボックス]-[対話アラートのリスト]の編集より、各アラートの「ユーザーに確認する」のチェックを外してください。 
     
  • 設定ファイルのエクスポート / インポート時に、一部設定が含まれない
     
    以下の設定が含まれません。
    [設定]画面 -[詳細設定]-[ツール]-[診断]-[詳細ログ]-[Direct Cloud 詳細ログを有効にする]
     
  • 自動アップデート機能 / プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を使用してバージョンアップすると、プログラムが起動しない場合がある
     
    本現象が発生した場合は、OSの再起動をおこなってください。


  • 自動解決ポリシーを適用した際、再起動のカウント表示が膨大な値になる【2022.10.27 追記】

    ESET PROTECT Cloud / ESET PROTECT V9 から自動解決に関する設定をした[ESET Endpoint for Windows]ポリシーを適用し、「デバイスの再起動」デスクトップ通知が表示される際に、再起動の残時間カウントが膨大な値で表示されることがあります。
    再起動は、デスクトップ通知で表示された値ではなく、ポリシーで設定した時間経過後に実施されます。
     
    ※ 本現象は、2022年10月27日より公開しております ESET Endpoint アンチウイルス V9.1.2060.1 で修正されました。最新プログラムはユーザーズサイトからダウンロードしてください。

  • 自動解決ポリシーを適用した際、再起動実施後もデスクトップ通知が再び表示される

    ESET PROTECT Cloud / ESET PROTECT V9 から自動解決に関する設定をした[ESET Endpoint for Windows]ポリシーを適用し、「デバイスの再起動」デスクトップ通知が表示される際に、プログラムの「現在の状況」画面の「デバイスの再起動」リンク、またはOS操作により再起動をおこなうと、再起動後に同デスクトップ通知が再度表示されることがあります。
    本現象は、「デバイスの再起動」デスクトップ通知の「再起動」ボタンより再起動をおこなうことで解消されます。

  • Webアクセス保護を一時停止しても、フィッシング対策機能が一時停止表示にならない

    Webアクセス保護を一時停止すると、フィッシング対策機能も動作しなくなるにもかかわらず、フィッシング対策機能の表示が一時停止(赤)にならず、有効(緑)のままになってしまいます。

  • インストールオプションの「エクスポート」よりエクスポートしたファイルをインポートすると、インポートに失敗する

    自動アップデート(プログラムコンポーネントアップデート)によりバージョンアップした環境で、インストールオプションの「エクスポート」よりエクスポートしたファイルをインポートすると、インポートに失敗する現象を確認しています。
    設定のエクスポートは、設定画面の「設定のインポート/エクスポート」よりおこなってください。
 
その他サポート情報につきましては、こちらをご参照ください。
 
 
プログラム
ESET Endpoint アンチウイルス
プラットフォーム(OS)
Windows