• No : 150
  • 公開日時 : 2021/02/10 13:00
  • 印刷

クライアント管理用プログラムの設定モジュールや検出エンジン(ウイルス定義データベース)をオフラインでアップデートするには?

回答

クライアント管理用プログラムをオフライン環境でご利用の場合に、以下の手順で設定モジュールや検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートがおこなえます。
 
本手順は、クライアント管理用プログラムをオフライン環境で使用しており、検出エンジン(ウイルス定義データベース)に含まれるクライアント管理用プログラムの設定モジュールを更新する場合に必要です。
手順の詳細は以下の通りです。
 
【 Step.1 】ユーザーズサイトから検出エンジン(ウイルス定義データベース)を取得する
  1. ユーザーズサイトにログインします。
     
    ※ ユーザーズサイトへのログインには、EEPA-/EEPS-/ES**-/N***-のいずれかで始まる「シリアル番号」とEAV-で始まる「ユーザー名」が必要です。
     
  2. サイト上部のメニューから[検出エンジン(ウイルス定義データベース)]を選択します。
     
  3. [検出エンジンのアップデートをしたい場合]の項目内の[検出エンジンダウンロードページ]ボタンをクリックします。
  1. [クライアント管理用プログラムの検出エンジン ダウンロード]の項目内にある[最新 XXXX年XX月XX日XX時XX分 検出エンジンファイル]ボタンをクリックして、検出エンジンをダウンロードします。
  1. 手順4でダウンロードしたzipファイルを任意の場所(例:デスクトップ)に展開します。
  1. 手順5で展開したフォルダー内のファイルを クライアント管理用プログラムが接続可能なWebサーバーで公開します。
 
【 Step.2 】オフライン更新をおこなう
 
ESET PROTECT V8
ESET Security Management Center V7 の場合
 
ESET Remote Administrator V6 の場合
 
 
プログラム
ESET Remote Administrator, ESET Security Management Center, ESET PROTECT
プラットフォーム(OS)
Windows Server