• No : 65
  • 公開日時 : 2019/07/02 09:54
  • 印刷

Windows環境で、ポート番号やIPアドレスを指定して、特定のコンピューター(PCや複合機、ネットワークプリンターなど)との通信を許可するには?

回答

ここでは、Windows環境でご利用の ESET Endpoint Security のファイアウォール機能にて、特定の通信を許可するためのルールの作成方法をご案内しています。
 
ESET製品のファイアウォール機能は、ネットワークプリンターなどの業務で利用しているソフトウェアとの通信や、他のPCとの通信を遮断してしまう場合があります。その場合は、本設定を実施いただき、ファイアウォール機能が遮断している通信を許可するルールを作成してください。
 
以下では例として、IPアドレスが「192.168.1.10」のネットワークプリンターとの、標準ポートモニタ(SPM)を使用した相互通信を許可する設定手順を記載しています。
 
※ 標準ポートモニタ(SPM)とは、印刷を要求するコンピューターの使用するポート番号が[1024]~[65535]の範囲からランダムで選択され、ネットワークプリンターの使用するポート番号が[9100]となる印刷プロトコルです。
 
◆ クライアント端末を直接操作して設定を変更する場合
 
ESET Endpoint Security V7.0 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.6 の場合
 
ESET Endpoint Security V6.2 / V6.3 / V6.4 / V6.5 の場合
 
ESET Endpoint Security V5.0 の場合
 
 
◆ クライアント管理用プログラムを使用して設定を変更する場合
 
ESET Security Management Center V7.0 の場合
 
ESET Remote Administrator V6.5 の場合
 
ESET Remote Administrator V5.3 の場合
 
ヒント
Mac環境でご利用の場合はこちらを参照ください。
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Smart Security, ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows