• No : 230
  • 公開日時 : 2018/05/09 16:00
  • 印刷

「キャッシュポイズニング攻撃が検出されました」のポップアップが表示される

回答

以下のWindows向けプログラムをご利用中に、「DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました」、または、「ARPキャッシュポイズニング攻撃が検出されました」のポップアップが表示される場合があります。
  • ESET Smart Security Premium
  • ESET Internet Security
  • ESET Smart Security
※ ポップアップ通知は攻撃検出時に表示されるため、一部環境では繰り返しポップアップ通知が表示される場合があります。
 

(※ 画面は ESET Internet Security V10.0 のものです。)
 
これは、実際に攻撃が検出された場合だけではなく、問題のない通信を攻撃と誤認識した場合にも表示されることがあります。

検出されたIPアドレスがルーターの場合は、以下よりご利用になっているプログラムのバージョンの手順に従い、ファイアウォール(パーソナルファイアウォール)の設定を変更してください。
 
V11.1 の場合
 
V11.0 の場合
 
V9.0 / V10.0 / V10.1 の場合
 
V8.0 以前の場合
 
なお、現在ご利用中のプログラムのバージョンの確認方法についてはこちらをご参照ください。
 
 
<参考>
 
DNSキャッシュポイズニング攻撃は、偽のデータを送ることにより、対象のコンピューターへ誤った情報を持たせる攻撃です。 その結果、Webページ閲覧時に偽のページへ誘導される可能性があります。

ARPキャッシュポイズニング攻撃は、ネットワークに接続されているデバイスに不正な情報を送信する攻撃です。これにより、任意のIPアドレスと任意のMACアドレスを関連付け、様々な攻撃手段でのネットワーク攻撃機能を得ることになります。

ただし、インターネット回線とコンピューターとの間にルーター等の機器がある環境では、インターネットへ直接接続する場合に比べて、攻撃を受ける可能性は少ないため、上記設定をおこなっても、危険性は低いと言えます。
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security, ESET Smart Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows