• No : 151
  • 公開日時 : 2019/01/07 13:00
  • 印刷

クライアント管理用プログラムのバージョンアップ方法

回答

現在ご利用中のバージョンと、バージョンアップ後にご利用予定のバージョンの組み合わせによって、バージョンアップ方法が異なります。
以下よりバージョンアップするプログラムを選択して、詳細をご確認ください。
 
ヒント
  • バージョンアップ実施前に動作環境を満たしているかどうかご確認ください。バージョンアップ実施後は、現在ご利用中の他社製アプリケーションとの併用に問題がないかどうかご確認ください。また、新バージョンから実装された新機能の設定には既定値が設定されます。ご利用の環境に合わせ、設定の見直しをご検討ください。
  • 各プログラムのマニュアル、および、ユーザーズガイドは、ユーザーズサイトの[プログラム/マニュアル]→[プログラムの一覧からダウンロード]→[各種資料・ツール]→[マニュアル]に公開しておりますので、あわせてご参照ください。
 
 

 
◆ ESET Security Management Center V7.0 へバージョンアップする場合
  • ESET Remote Administrator V6.3 / V6.5 から ESET Security Management Center V7.0 へのバージョンアップ
上書きインストールでバージョンアップが可能です。その場合、すべての設定やログ情報が引き継がれます。
 
 
  • ESET Remote Administrator V6.2 以前から ESET Security Management Center V7.0 へのバージョンアップ
上書きインストールによるバージョンアップはできません。現在ご利用中のプログラムを、一度 ESET Remote Administrator V6.5 へ上書きインストールでバージョンアップしてから、ESET Security Management Center へ上書きインストールでバージョンアップしてください。
 
詳細な手順は、以下の[◆ ESET Remote Administrator V6.5 へバージョンアップする場合]をご参照ください。
 
 

 
◆ ESET Remote Administrator V6.5 へバージョンアップする場合
  • ESET Remote Administrator V6.2 / V6.3 / V6.5 のバージョン間でのバージョンアップ
上書きインストールでバージョンアップが可能です。その場合、すべての設定やログ情報が引き継がれます。
 
  • ESET Remote Administrator V5.3 以前から ESET Remote Administrator V6.5 へのバージョンアップ
上書きインストールによるバージョンアップはできません。現在ご利用中のプログラムをアンインストールしてから、ESET Remote Administrator V6.5 をインストールする必要があります。
なお、旧バージョンから ESET Remote Administrator V6.5 への設定やログの引き継ぎはできませんので、ご注意ください。
 
以下の資料では、ESET Remote Administrator V5.3 以前から ESET Remote Administrator  へのバージョンアップ手順をご案内しております。ESET Remoet Administrator のバージョンアップにあわせて、クライアント用プログラムのバージョンアップをおこなう際の手順についてもご案内しておりますので、合わせてご参照ください。
ESET Endpoint Protection シリーズ バージョン 6 へのバージョンアップについて
 
ヒント
  • ESET Remote Administrator V6 よりプログラム構成が変更になっています。詳細はこちらをご確認ください。
  • ESET Remote Administrator V5.3 以前のアンインストール手順、および、ESET Remote Administrator V6.5 のインストール手順は、ユーザーズサイト内で公開している以下の資料をご参照ください。
ESET Remote Administrator V5.3 以前のアンインストール手順
[ユーザーズガイド 基本インストール編]
 
ESET Remote Administrator V6.5 のインストール手順
[ESET Remote Administrator V6.5 ユーザーズマニュアル]
 
 

 
◆ ESET Remote Administrator V5.3 へバージョンアップする場合
  • ESET Remote Administrator V5.0 / V5.1 から ESET Remote Administrator V5.3 へのバージョンアップ
上書きインストールにより大部分の設定について引き継ぐことが可能です。詳細な手順は、以下のPDFをご参照ください。
 
ただし、ESET Remote Administrator V5.0 から ESET Remote Administrator V5.3 へバージョンアップする場合は、以下の2つの項目の設定は引き継ぐことができません。上書きインストールを実施する前に設定内容をお手元にお控えいただき、上書きインストール実施後、手動で追加してください。
  • [ツール]→[サーバオプション]→[詳細]→[詳細設定を編集]→[Remote Administrator]→[ERAサーバー]→[設定]→[ESET Live Grid]→[ESET Live Gridのデータ転送のスケジューリングオプション](※1)
  • [ツール]→[グループマネージャ]→[Active Directory / LDAPの同期](※1)
(※1)設定を[日毎]以上にしていた場合のみ
 
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator, ESET Security Management Center
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server, Linux Server