キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 20119
  • 公開日時 : 2021/10/11 13:00
  • 印刷

ESET File Security for Microsoft Windows Server V7.3.12005.1 から ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8.0.12003.1 の変更点

回答

バージョン 8 より、名称を「ESET File Security for Microsoft Windows Server」から「ESET Server Security for Microsoft Windows Server」へ変更しました。
ESET File Security for Microsoft Windows Server V7.3.12005.1 から ESET Server Security for Microsoft Windows Server V8.0.12003.1 の変更点は以下の通りです。
 
■ 追加(V7.3.12005.1 から V8.0.12003.1)
 
以下の機能が追加・強化されました。
  • 監査ログが追加されました。
    ※ 詳細設定画面 →[ツール]→[ログファイル]→[ログファイル]→[監査ログで設定変更の追跡を有効にする]から設定できます。
     
  • オンデマンドコンピューターの検査の対象に、WMIデータベースとシステムレジストリが選択可能になりました。
    ※ 詳細設定画面 →[検出エンジン]→[マルウェア検査]→[オンデマンド検査]→選択したプロファイルの[検査の対象]の「編集」から設定できます。
     
  • 接続されたネットワークによって、設定したアップデートプロファイルに自動で切替られるようになりました。
    ※ 詳細設定画面 →[アップデート]→[基本]→[自動的なプロファイルの切り替え]の「編集」から設定できます。
     
  • 以下の項目のインポート/エクスポートが可能になりました。
    項目 設定箇所
    プロセス除外 こちら
    拡張子除外 詳細設定画面 →[検出エンジン]→各コンピューター検査の[THREATSENSEパラメータ]→[検査対象外とするファイル拡張子]の「編集」
    サンプルの送信除外 詳細設定画面 →[検出エンジン]→[クラウドベース保護]→[サンプルの送信]→[除外]の「編集」
    HIPSルール
    (アプリケーション・ファイル)
    詳細設定画面 →[検出エンジン]→[HIPS]→[基本]→[ルール]の「編集」→[ターゲットファイル]および[アプリケーション]
    HIPSのデバイスドライバー 詳細設定画面 →[検出エンジン]→[HIPS]→[詳細設定]→[使用するデバイスドライバー]の「編集」
    プロトコルフィルタリングの対象外アプリケーション・IPアドレス 詳細設定画面 →[WEBとメール]→[プロトコルフィルタリング]→[対象外アプリケーション]および[対象外IPアドレス]の「編集」
    SSL/TLSフィルタリングされたアプリケーション 詳細設定画面 →[WEBとメール]→[SSL/TLS]→[SSL/TLSフィルタリングされたアプリケーションのリスト]→[編集]
    SSL/TLSフィルタリングの既知の証明書 詳細設定画面 →[WEBとメール]→[SSL/TLS]→[既知の証明書のリスト]→[編集]
    Webアクセス保護のアドレス 詳細設定画面 →[WEBとメール]→[Webアクセス保護]→[URLアドレス管理]→[アドレスリスト]の「編集」
    デバイスコントロールのグループ 詳細設定画面 →[デバイスコントロール]→[グループ]→[編集]
    タイムスロット 詳細設定画面 →[ツール]→[タイムスロット]の「編集」
     
  • 診断ログ(詳細設定画面 →[ツール]→[診断]→[詳細ログ])の以下の項目が追加されました。

    ・コンピュータースキャナー詳細ログを有効にする
    ・ドキュメント保護の詳細ログを有効にする
     
  • タスクスケジューラーに「次回の実行」時刻が表示されるようになりました。
     
  • プログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を利用して、プログラムのバージョンアップができるようになりました。
    [Q&A]Windows環境でプログラムコンポーネントアップデート(PCU)機能を使用して最新バージョンへバージョンアップをおこなうには?
 
■ 修正(V7.3.12005.1 から V8.0.12003.1)
 
修正された不具合はありません。
 
 
■ ご利用上の注意事項(V8.0.12003.1)
  • SSL/TLSプロトコルフィルタリングについて

    以下の設定で[証明書の有効性を確認する]を選択した場合でも、証明書の有効性が確認できないWebサイトへアクセスした際、確認のダイアログが表示されずにアクセスができる仕様となっています。

    詳細設定画面 →[WEBとメール]→[SSL/TLS]→[証明書の有効性]→[証明書の信頼を確立できない場合]→[証明書の有効性を確認する]

    該当のWebサイトへアクセスを拒否する際は、Webブラウザーにてご対応ください。
  • リアルタイムファイルシステム保護の動作について
     
    アクティベーション後、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートが完了するまでは、リアルタイムファイルシステム保護が有効になりません。
    本プログラムをインストール時、必ずアクティベーションと検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートをおこなってください。
  • ESET RMMのサポートについて

    ESET RMM(詳細設定画面 →[ツール]→[ESET RMM])のご利用はサポート対象外です。
 
■ 既知の不具合(V8.0.12003.1)
 
以下の不具合を確認しております。
  • 上書きインストールでバージョンアップした際に一部設定が引き継がれない
     
  • 旧バージョンから上書きインストール後に、「コンピューターを再起動する必要があります」のセキュリティアラートが表示される
     
  • 修正インストール、または修復インストールをおこなうとネットワーク保護コンポーネントが削除される

    本バージョンをインストール済みの環境で、修正インストール、または修復インストールを実施した場合、ネットワーク保護コンポーネント(Webとメール、ネットワーク保護機能)が削除されてしまいます。そのため、本バージョンでは、修正インストール、および修復インストールは使用できません。

    本バージョンのインストール後に、コンポーネントの追加・削除やプログラムの修復をおこないたい場合は、再インストールを実施してください。
    また、本事象が発生した場合も再インストールをおこなってください。
     
  • 修正インストールをおこなってもコンポーネントが追加されない

    本バージョンをインストール済みの環境で、修正インストールをおこなってもコンポーネントの追加・削除が正しくおこなわれません。
    本バージョンのインストール後に、コンポーネントの追加・削除やプログラムの修復をおこないたい場合は、再インストールを実施してください。
     
  • 監査ログで「設定変更の追跡を有効にする」の設定を変更しても反映されない

    監査ログから「設定変更の追跡を有効にする」の設定を変更したにもかかわらず、設定変更の監査ログの出力に反映されません。
    監査ログの設定変更後に再起動をおこなうことで、設定変更が実際のログ出力に反映されます。
     
  • Office 365アカウントに二要素認証が設定されているとOneDrive検査のアカウント登録に失敗する

    二要素認証が設定されているOffice 365アカウントをOneDrive検査に登録すると、アカウント登録に失敗します。
     
  • サーバーコアインストール後に、プログラムのグラフィカルユーザーインターフェースが起動する

    インストール時にセットアップの種類で「コア」を選択したにもかかわらず、インストール後にグラフィカルユーザーインターフェース(ESET製品のGUI)が起動し、以下の画面が表示されます。

    ・グラフィカルユーザーインターフェース
    ・スプラッシュ画面
    ・デスクトップ通知

    本事象が発生した場合は、ESET Shellコマンドから以下コマンドを実行することでグラフィカルユーザーインターフェースが起動しなくなります。
     
    set ui gui-start-mode none
     
  • タスクスケジューラーの「次回の実行」の日時がUTC表示になる

    タスクスケジューラーで毎日既定の時間実行するタスクを作成すると、「次回の実行」の日時がUTC表示になります。

    本現象は表示上の問題で、「次回の実行」の日時がUTC表示になっていても表示されている時間にタスクが実行されることはなく、タスクスケジューラーの実行は設定したローカル時刻でおこなわれます。
     
  • ESET Shellで一部の電子メール通知の設定項目が存在しない

    ESET Shellに以下の設定項目が存在せず、設定できません。

    ・アクセスパスワード
    ・イベントメッセージの書式
    ・脅威警告メッセージの書式

    「イベントメッセージの書式」と「脅威警告メッセージの書式」の項目については、ESET Shellの tools>notifications>email から USE-DEAULT-MSG-FORMAT を無効にし、ESET Shellを再起動することで設定項目が表示されます。
 
 
その他サポート情報につきましては、こちらをご参照ください。
 
 
プログラム
ESET Server Security for Microsoft Windows Server
プラットフォーム(OS)
Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局