• No : 24061
  • 公開日時 : 2022/12/20 10:00
  • 印刷

ESET Endpoint Security for OS X の変更点(V6.11.202.0→V6.11.606.0)

回答

ESET Endpoint Security for OS X V6.11.202.0 から ESET Endpoint Security for OS X V6.11.606.0 の変更点は以下のとおりです。

■ 追加(V6.11.202.0 から V6.11.606.0
 
以下の機能が追加されました。
  • macOS Ventura 13.x への対応
 
■ 修正された不具合(V6.11.202.0 から V6.11.606.0
 
修正された不具合はありません。
 
■ ご利用上の注意事項(V6.11.606.0
 
以下の注意事項があります。
  • macOS High Sierra 10.13 以降でのご利用について

    macOS High Sierra 10.13 以降でご利用になる場合、OS側で追加の設定をおこなう必要があります。
    詳細は、以下のWebページをご確認ください。
    [Q&A]macOS High Sierra 10.13 以降の環境でESET製品を利用するために必要なOS側の設定について
     
  • macOS Ventura 13.x へアップグレード後、「コンピューターは完全に保護されていません。」のメッセージが表示される
     
  • Apple ARM チップを搭載した端末での使用について

    Apple ARM チップを搭載した端末で使用するには、Rosetta 2のインストールが必要になります。詳細は以下のWebページをご参照ください。
    [Q&A]Apple M1チップ への対応について
    [Q&A]Apple M2チップ への対応について
     
  • バージョンアップ時のログの引き継ぎについて

    旧バージョンからバージョンアップした場合、ログは引き継がれません。ログを引き継ぎたい場合は、バージョンアップ前にログをエクスポートして保存してください。
    ※ ログのエクスポートは、[ツール]→[ログファイル]より、ログ一覧上でコンテキストメニューを開き、[すべてエクスポート]を実行します。
     
  • デバイスコントロール機能で使用できるデバイスタイプについて

    macOS Big Sur 11.x 以降でご利用になる場合、OSの仕様のため、デバイスコントロール機能で使用できるデバイスタイプに制限があります。
     
    デバイスタイプ
    macOS Sierra 10.12 ~ macOS Catalina 10.15
    macOS Big Sur 11.x ~ macOS Ventura 13.x
    ディスクストレージ
    CD/DVD
    USBプリンタ -
    イメージングデバイス -
    シリアルポート -
    ネットワーク -
    ポータブルデバイス -

  • ミラーサーバーから検出エンジンのアップデートをおこなう場合、以下の資料をご参照ください。
    【 アップデート可能なプログラム対応表
※ オフライン環境などで利用する場合は、ユーザーズサイトに公開している「Windows / Linuxの「バージョン7~8」 / Mac / Android向けクライアント用プログラムの場合」の検出エンジンファイルを使用できます。
  • ESET PROTECT 8.0 以前のリポジトリへの公開について

    ESET Endpoint Security for OS X V6.11.606.0 は、ESET PROTECT 8.0 以前のリポジトリへの公開はありません。
    ESET PROTECT 8.0 以前をご利用の場合は、[直接パッケージURLでインストール]等の方法をご利用ください。
 
■ 既知の不具合(V6.11.606.0
 
以下の不具合を確認しております。
  • 特定の設定値をエクスポートできない

    以下の設定値はエクスポートできないため、お手元に設定内容を控えていただき、手動で設定してください。
・詳細設定画面→[ログファイル]→[ログファイルを自動的に最適化]の[未使用期間が最も長いレコード]
・詳細設定画面→[プレゼンテーション モード]→[プレゼンテーションモードを有効にする]
・詳細設定画面→[ユーザー]→[コンテキストメニュー]
  • 詳細設定画面にある[コンテキストメニュー]の設定が、[すべての設定を既定値に戻す]で既定値に戻らない
[設定]→[すべての設定を既定値に戻す]をクリックしても、既定値に戻りません。

設定を既定値へ戻す場合は、詳細設定画面→「コンテキストメニュー」→「既定」よりおこなってください。
  • ESET Endpoint Security for OS X をアンインストールしても、ドック上のESET製品のアイコンが削除されない
本現象は、ドック上にあるESET製品のアイコン表示が削除されない問題であり、ESET Endpoint Security for OS X のプログラムの削除は完了しています。
ドック上にあるESET製品のアイコンは、手動で削除してください。
  • 警告ウインドウの表示 / 非表示の設定を、[警告を表示]のチェックボックスで変更できない
詳細設定画面→[警告と通知]→[警告を表示]のチェックボックスにて設定を変更しても、設定の変更が反映されません。
 
警告ウインドウの表示 / 非表示の設定を変更する場合は、詳細設定画面→[警告と通知]→[警告を表示]→[詳細設定オプション]の[設定]ボタンをクリックし、ダイアログの一覧より設定の変更をおこなってください。
  • イベントログに「ソケットから読み取れません」などのログが出力される

    Webアクセス保護機能、および電子メールクライアント保護機能の動作時、「Protoscan proxy agent」「ESETデーモン」のイベントログが発生することを確認しています。

    確認できているイベントメッセージは以下の通りです。

    ・ソケットから読み取れません: ネットワークが停止しています
    ・ソケットに書き込めません: 破損したパイプ
    ・ソケットから読み取れません: ソフトウェアによって接続が中断されました

    いずれも開発用のログが出力されています。Webアクセス保護機能、および電子メールクライアント保護機能は正常に動作しています。
     
  • /Applications/Safari.app を指定したファイアウォールルールが正常に動作しない
     
  • macOS Catalina 10.15 以前で、登録した除外ルールが動作しない

    [設定]→[詳細設定を表示する]→[一般]→除外の[設定]ボタン→[Webとメール]に登録した除外設定が動作しません。

  • コンテキストメニューに統合しても、コンテキストメニューが表示されない

  • macOS Ventura 13 で、Safariを使用した場合にWebアクセス保護の除外が機能しない

    macOS Ventura 13 でWebアクセス保護の除外を使用したい場合は、他のWebブラウザーをご使用ください。
     
  • macOS Ventura 13 で、エラーが発生してアンインストールが一度で成功しない場合がある

    エラーが発生した場合は、再度アンインストールを実施してください。
     
  • macOS Ventura 13 で、外部アプリケーションの実行ができない
     
  • macOS Ventura 13 への ESET Management エージェントのリモートインストールができない

    macOS Ventura 13 に ESET Management エージェントをインストールする場合は、ローカルでインストーラーを実行してください。
     
  • macOS Ventura 13 にインストール中のインストーラーの画面で、システム要件の個所が真っ白で表示されない

    白い部分をクリックすると内容が表示されるので、内容を確認したい場合は白い部分をクリックしてください。
 
 
その他のサポート情報はこちらをご参照ください。
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security for OS X
プラットフォーム(OS)
Mac