キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けゲートウェイ製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1919
  • 公開日時 : 2019/06/03 13:00
  • 印刷

SELinux を有効にした場合、ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux が正しく動作しない

回答

ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux は、SELinux(Security Enhanced Linux)には対応しておりません。
ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux をご利用のサーバーでは、SELinux を無効に設定してください。
 
※ 以下の環境では、SELinux が既定で有効となりますのでご注意ください。
  • Red Hat Enterprise Linux 6(32bit、64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7(64bit)
  • CentOS 6(32bit、64bit)
  • CentOS 7(64bit)
 
■ SELinux を無効にする手順
  1. 以下のコマンドを実行してSELinuxの設定ファイルを開きます。
    vi /etc/selinux/config

  2. 出力された文字列内の[SELINUX=enforcing]の値を以下に変更し、保存します。
    SELINUX=disabled

  3. 以下のコマンドを実行してコンピューターを再起動します。
    reboot
 
以上で、SELinux の無効化の手順は完了となります。
 
 
■ SELinux の無効化の確認方法
 
SELinux が無効化されているかは、以下のコマンドで確認できます。
getenforce
 
SELinux が無効化されている場合、上記のコマンドを実行すると「Disabled」と表示されます。
 
ヒント
SELinux を有効にしている場合、ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux のインストールが正常におこなわれないことを確認しています。
※ 初期セットアップコマンドの実行がエラーとなります。
 
また、ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux をインストールした後で SELinux を有効にした場合には、ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux が正常に動作しないことを確認しています。
 
 
プログラム : 
ESET Mail Security for Linux, ESET Web Security for Linux
プラットフォーム(OS) : 
Linux Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局