キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 150
  • 公開日時 : 2021/09/27 13:00
  • 印刷

セキュリティ管理ツールの設定モジュールや検出エンジン(ウイルス定義データベース)をオフラインでアップデートするには?

回答

セキュリティ管理ツールをオフライン環境でご利用の場合に、以下の手順で設定モジュールや検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートがおこなえます。
 
本手順は、セキュリティ管理ツールをオフライン環境で使用しており、検出エンジン(ウイルス定義データベース)に含まれるセキュリティ管理ツールの設定モジュールを更新する場合に必要です。
 
【 Step.1 】ユーザーズサイトから検出エンジン(ウイルス定義データベース)を取得する
  1. ユーザーズサイトにアクセスして、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のダウンロードページへ遷移します。
     
  2. [クライアント管理用プログラムの検出エンジン ダウンロード]の項目内にある[最新 XXXX年XX月XX日XX時XX分 検出エンジンファイル]ボタンをクリックして、検出エンジンをダウンロードします。
  1. 手順2でダウンロードしたzipファイルを任意の場所(例:デスクトップ)に展開します。
  1. 手順3で展開したフォルダー内のファイルを セキュリティ管理ツールが接続可能なWebサーバーで公開します。
 
 
【 Step.2 】オフライン更新をおこなう
  1. Webブラウザーから Webコンソール にログインします。
Webコンソールには以下のURLよりアクセスできます。
 例:https://(サーバー名、または、IPアドレス)/era/
  1. 画面左側の[詳細]アイコン→[サーバーの設定]とクリックします。
 
  1. [アップデート]を展開して、[アップデートサーバー]に、Step.1の手順4で公開したWebサーバーのURLを入力します。
http://"WebサーバーのIPアドレス":"Webサーバーの動作ポート"
(例 http://192.168.1.2:2221)
 
 
  1. アップデート間隔の[間隔の変更]をクリックします。
 
  1. [間隔]画面が表示されるので、[定期間隔]より、Webサーバーに接続する間隔を変更し、[保存]ボタンをクリックします。(既定では、接続間隔は6時間に設定されています。)
 
  1. [保存]ボタンをクリックします。
  1. 手順5で設定した定期間隔の時間が過ぎるまで待ちます。
  1. 基本画面右上の[ヘルプ](クエスチョンマークアイコン)をクリックし、[バージョン情報]を選択します。
  1. [設定モジュール]のバージョンが更新されているかどうかご確認ください。
 
 
プログラム
ESET Security Management Center, ESET PROTECT
プラットフォーム(OS)
Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局