キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 104
  • 公開日時 : 2019/11/18 13:18
  • 印刷

USBメモリやCDを使用して、オフライン環境で検出エンジン(ウイルス定義データベース)を配布するには?

回答

以下の手順で、USBメモリやCDを使用して、オフライン環境で検出エンジン(ウイルス定義データベース)を配布することができます。
 
 
■ 注意事項
  • 法人向けサーバー専用製品をご利用の場合、「ミラーサーバーに保存されたファイルを利用」の方法は実施できませんのでご注意ください。

  • ESET Endpoint Securtiy V6.2 以降 / ESET Endpoint アンチウイルス V6.2 以降 / ESET File Security for Microsoft Windows Server V6.2 以降は事前にアクティベーションされている必要があります。
     
  • バージョン 6.5 / 6.6 / 7.0 / 7.1 のクライアント用プログラム向けのオフラインファイルを、バージョン 6.2 / 6.3 / 6.4 のクライアント用プログラムが参照した際に、フリーズが発生する場合があります。
    [Q&A]特定の条件下で、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートを実施している一部のコンピューター、および、サーバーがフリーズする

    バージョン 6.2 / 6.3 / 6.4 のクライアント用プログラムに対しては、必ずバージョン 6.4以下向けの検出エンジン(ウイルス定義データベース)をダウンロードしてください。
■ 配布方法
 
USBメモリやCDを使用して、オフライン環境のクライアント用プログラムに対して検出エンジン(ウイルス定義データベース)を配布する方法は、以下の2通りがあります。
 
ユーザーズサイトからダウンロードしたファイルを利用
 
ミラーサーバーに保存されたファイルを利用
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局