キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー専用製品)

『 仕様・手順 』 内のFAQ

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • 検出エンジン(ウイルス定義データベース)はオフライン環境でアップデートできますか?

    検出エンジン(ウイルス定義データベース)のオフライン環境でのアップデート(以下、オフライン更新)は、Windows環境でのみ可能です。 各プログラムごとの対応については下記をご確認ください。 プログラム オフライン更新 ESET Endpoint Security ... 詳細表示

    • No:3225
    • 公開日時:2017/11/24 16:37
  • ウイルス定義データベースをUSBメモリやCDで配布するには?

    USBメモリやCDを使用して、オフライン環境のクライアント用プログラムに対してウイルス定義データベースを配布する方法は、下記の2通りがあります。 ※ 法人向けサーバー専用製品をご利用の場合、「B. ミラーサーバーに保存されたファイルを利用」の方法は実施できませんのでご注意ください。 ※ ESET En... 詳細表示

    • No:104
    • 公開日時:2017/09/25 16:00
  • 検出エンジン(ウイルス定義データベース)の手動アップデート方法

    ESET製品のクライアント用プログラムでは、ウイルスの特徴を記述した検出エンジン(ウイルス定義データベース)、プログラムコンポーネントなどを最新の状態へアップデートすることで、日々増えつづけている新種のウイルスや亜種へと変化したウイルスが検出可能となります。 検出エンジン(ウイルス定義データベース)... 詳細表示

    • No:45
    • 公開日時:2018/02/07 16:00
  • クライアント端末に適用されている検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョンは?(各クライアント端末で確認する方法)

    各クライアント端末を直接操作して、現在適用されている検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョンを確認する方法は以下の通りです。 Windows向けクライアント用プログラムで確認する場合 通知領域内のESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。 ... 詳細表示

    • No:149
    • 公開日時:2018/02/07 16:00
  • プロキシサーバーの設定方法について

    ここでは、プロキシサーバーの設定方法についてご案内しております。 プロキシサーバーをご利用の環境で本設定がおこなわれていない場合、ウイルス定義データベースのアップデートなどができませんので、ご利用の環境に応じて設定をおこなってください。 ESET Endpoint Security V5.0 以降 ES... 詳細表示

    • No:158
    • 公開日時:2017/09/25 16:00
  • 検出エンジン(ウイルス定義データベース)のサイズと更新頻度について

    ここでは、法人向けサーバー・クライアント用製品、法人向けサーバー専用製品、法人向けゲートウェイ製品のクライアント用プログラムがダウンロードする検出エンジン(ウイルス定義データベース)のサイズと更新頻度についてご案内しています。 クライアント用プログラム側にて、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップ... 詳細表示

    • No:154
    • 公開日時:2017/10/31 15:24
  • ベースアップデートの実施について

    ベースアップデートとは、Windows / Mac / Linux 向けプログラムの検出エンジン(ウイルス定義データベース)の配信を効率化するため、過去の検出エンジン(ウイルス定義データベース)の情報を含めて最適化やパッキングされたファイルを配信する、通常よりもサイズの大きい検出エンジン(ウイルス定義データベース... 詳細表示

    • No:228
    • 公開日時:2017/11/24 16:45

7件中 1 - 7 件を表示

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局