キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3562
  • 公開日時 : 2016/12/26 09:53
  • 印刷

パーソナルファイアウォール機能にある「対話モード」で通信の許可ルールを作成する手順

回答

ここでは、Windows環境で、ESET Endpoint Security V5.0 以降 / ESET Smart Security V4.2 以前をご利用時に、パーソナルファイアウォール機能により遮断された特定の通信を許可するためのルールを作成する手順についてご案内しています。
 
なお、本設定を実施することにより、パーソナルファイアウォール機能により遮断されていた特定の通信に対する検査はおこなわれなくなりますが、リアルタイムファイルシステム保護機能(ファイルの読み込み/書き込み/実行時にファイルを検査する機能)にて常時監視されております。

※ 以下の手順は、パーソナルファイアウォール機能を有効にして実施してください。
 
※ 通信の遮断がパーソナルファイアウォール機能によるものか確認したい場合は、下記Webページをご参照ください。
 
【 通信の許可ルールの作成手順 】
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V6.4 のものです。)
     
  2. 基本画面の[設定]→[詳細設定]をクリックし、設定ウインドウを開きます。

(※ 画面は ESET Endpoint Security V6.4 のものです。)
 
  1. [パーソナルファイアウォール]→[基本]と展開して、[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[対話モード]を選択します。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V6.4 のものです。)
     
  2. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
     
  3. 「対話モード」で通信をおこなうと、ダイアログボックスが表示されますので、[アクションを記憶する(ルールを作成する)]にチェックを入れ、[許可]ボタンをクリックして通信を許可してください。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V6.4 のものです。)
     
  4. 通信が可能になったことを確認したら、再度、上記手順1.と手順2.をおこないます。
     
  5. [パーソナルファイアウォール]→[基本]と展開して、[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[ルール付き自動モード]を選択します。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V6.4 のものです。)
     
  6. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
     
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。


    (※ 画面は ESET Endpoint Security V5.0 のものです。)
     
  2. キーボードの[F5]キーを押して、設定ウインドウを開きます。
     
  3. 画面左側のツリーを[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]と展開して、画面右側に表示される[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[対話モード]を選択します。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V5.0 のものです。)
     
  4. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
     
  5. 「対話モード」で通信をおこなうと、ダイアログボックスが表示されますので、[アクションを記憶する(ルールを作成する)]にチェックを入れ、[許可]ボタンをクリックして通信を許可してください。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V5.0 のものです。)
     
  6. 通信が可能になったことを確認したら、再度、上記手順1.と手順2.をおこないます。
     
  7. 画面左側のツリーを[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]と展開して、画面右側に表示される[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[例外付きの自動モード(ユーザー定義ルール)]を選択し、設定を変更します。

    (※ 画面は ESET Endpoint Security V5.0 のものです。)
     
  8. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
     
  1. 画面右下の通知領域にあるESET製品のアイコンをダブルクリックして、基本画面を開きます。

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
     
  2. キーボードの[F5]キーを押して、設定ウインドウを開きます。
     
  3. [パーソナルファイアウォール]をクリックし、画面右側に表示される[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[対話モード]を選択します。

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
     
  4. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
     
  5. 「対話モード」で通信をおこなうと、ダイアログボックスが表示されますので、[アクションを記憶する]にチェックを入れ、[許可]ボタンをクリックして通信を許可してください。

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
     
  6. 通信が可能になることを確認します。

    ※ ESET Smart Security V3.0 をご利用のお客さまは、手順6にて操作終了となります。手順3で設定した[対話モード]にてご利用ください。
     
  7. 再度、上記手順1.と手順2.をおこないます。
     
  8. [パーソナルファイアウォール]をクリックし、画面右側に表示される[フィルタリングモード]欄のプルダウンリストから[例外付きの自動モード(ユーザー定義ルール)]を選択し、設定を変更します。

    (※ 画面は ESET Smart Security V4.2 のものです。)
     
  9. [OK]ボタンをクリックして、設定ウインドウを閉じます。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security,ESET Smart Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局