• No : 127
  • 公開日時 : 2021/11/02 13:11
  • 印刷

ベースアップデート時に、ミラーサーバーを利用している環境でクライアント端末が検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートに失敗する

回答

ミラーサーバーを構築して検出エンジン(ウイルス定義データベース)を配布している環境で、クライアント端末の検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートに失敗する場合は以下の対処方法を実施してください。
 
Step.1 ミラーサーバーに適用されている検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョンを確認
  1. 以下の手順をご参照いただき、ミラーサーバーに適用されている検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョンを確認してください。
    IISをミラーサーバーとしてご利用のお客さまは、IISと併用しているESET製品で確認をおこなってください。
    • クライアント端末を直接操作して確認する場合はこちら
    • セキュリティ管理ツールから確認する場合はこちら

  2. ベースアップデート時に配信された検出エンジン(ウイルス定義データベース)のバージョンを確認します。
 
Step.2 対応方法
 
Step.1で確認したバージョンにあわせて、以下の作業をおこなってください。
 
Step.1の手順1で確認したバージョンが、手順2で確認したバージョン以降ではない場合
(ミラーサーバーがアップデートに失敗する場合)
 
Step.1の手順1で確認したバージョンが、手順2で確認したバージョン以降の場合
(クライアント端末がアップデートに失敗する場合)
 
■ 関連情報
 
以下のプログラムのミラー機能には、ナノアップデート機能が搭載されています。ナノアップデート機能をご利用いただくことで、ベースアップデート時も通常のアップデート時と同じサイズで検出エンジン(ウイルス定義データベース)を取得することができ、ベースアップデート時の負荷を軽減することができます。
  • ESET Endpoint Security V6.2 以降
  • ESET Endpoint アンチウイルス V6.2 以降
 
※ ミラーサーバーよりアップデートをおこなうクライアント用プログラムが、約4日間(20世代)以上の間検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートをおこなっていない場合は、ナノアップデート機能は無効となり、ベースアップデート時には最大40MB程度の検出エンジン(ウイルス定義データベース)が配信されますので、ご注意ください。
※ ミラーサーバー自身の検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートはナノアップデートの対象になりませんので、ご注意ください。
 
ヒント
  • ベースアップデートについてはこちらをご参照ください。
     
  • セキュリティ管理ツールでは、ミラー機能が廃止となったためミラーサーバーを構築できません。ミラーサーバーを構築するには、ミラー機能を搭載している他のプログラムをご利用になるか、ミラーツールをご利用ください。
 
 
プログラム
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Endpoint Security for OS X, ESET Endpoint アンチウイルス for OS X, ESET Endpoint アンチウイルス for Linux, ESET Endpoint Security for Android, ESET Server Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET Server Security for Linux, ESET File Security for Linux
プラットフォーム(OS)
Windows, Windows Server, Mac, Android, Linux Desktop, Linux Server