• No : 3235
  • 公開日時 : 2022/06/20 12:01
  • 印刷

Linux Server向けクライアント用プログラムにおいて、Webインターフェースにアクセスできません

回答

Webインターフェースはwebdプロセスにて動作します。
Webインターフェースへアクセスできない場合、まずは ps コマンドにて、webdが起動しているかどうかをご確認ください。
 
【出力例】
> ps ax | grep efs
/opt/eset/efs/sbin/startd (← メインデーモンが起動しています)
/opt/eset/efs/lib/webd/backend/webd  (← Webインターフェースが有効の場合、起動しています)
 
 
webdが起動していることを確認後、以下についてご確認ください。
 
セキュアOSの SELinux / ファイアウォールが有効時に既定のポート9443へのアクセスがブロックされることが原因で、Webインターフェースへアクセスできない場合があります。
以下の対応策のいずれかをお試しください。
 
■ 対応策
 
A. Webインターフェースで利用するポート(既定では9443)へのアクセスを許可してください。
 
B. SELinux / ファイアウォールの設定を変更してください。
  • Linuxのファイアウォール機能により、アクセスが制御されている可能性があります。ファイアウォールの設定をご確認ください。
    なお、Red Hat Enterprise Linux 6 以降(64bit) / CentOS 6 以降(64bit) では、ファイアウォール機能が既定で有効となります。
     
  • SELinux を無効にしてください。
    ※ SELinuxについては、以下のWebページもご参照ください。
 
 
プログラム
ESET Server Security for Linux, ESET File Security for Linux
プラットフォーム(OS)
Linux Server