• No : 251
  • 公開日時 : 2019/03/01 13:00
  • 印刷

「データ実行防止」エラーが表示されインストールやアンインストールができない

回答

データ実行防止(DEP)機能とは Windows XP ServicePack2 から搭載されたセキュリティ機能の一つです。本来はウイルス等の不正な実行を防止するための機能ですが、正常なプログラムであっても不正なプログラムとみなされ、動作が阻害されることがあります。

ESET製品は、インストール・アンインストールの際に、Windows インストーラー(msiexec.exe)を使用しています。Windows環境でデータ実行防止機能が有効になっている場合、このWindows インストーラーの実行が阻止され、インストール・アンインストールが中断される場合があります。
 
 
◆ 対応方法
 
本現象が発生した場合は、一時的にWindows インストーラー(msiexec.exe)をデータ実行防止機能の対象から除外したうえで、再度 ESET製品のインストールを実施してください。
手順の詳細は、以下をご参照ください。
 

【 Windows インストーラーをデータ実行防止機能の対象から除外する手順 】

  1. 以下の手順で、「システム」画面を開きます。
Windows 10 環境をご利用の場合
 
Windows 8 / Windows 8.1 環境をご利用の場合
 
Windows Vista / Windows 7 環境をご利用の場合
 
  1. 左側の「システムの詳細設定」をクリックします。
  1. 「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリックします。
  1. 「データ実行防止」タブを選択します。
  1. 「次に選択するものを除くすべてのプログラムおよびサービスについてDEPを有効にする」ボタンをクリックし、「追加」ボタンをクリックします。
  1. 「ファイルを開く」ウインドウの「ファイル名」に「C:\windows\system32\msiexec.exe」を選択し、「開く」ボタンをクリックします。
  1. 「データ実行防止」に「Windows インストーラー」が追加されたのを確認し、「適用」ボタン→「OK」ボタンをクリックします。
 
 
 
以上で除外設定は完了です。再度、 ESET製品のインストール・アンインストールを実施してください。
 
上記の手順を実施後も現象が改善しない場合は、以下Webページの手順に従ってログを取得し、サポートセンターまでご送付ください。
[Q&A]インストールエラー発生時のログの取得と送付について
 
 
プログラム : 
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security, ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows