• No : 192
  • 公開日時 : 2022/04/22 11:14
  • 印刷

コンピューターの検査にて特定のファイル / フォルダーを検査対象から除外するには?

回答

以下の手順で、「カスタム検査」をおこなう際に特定のファイル / フォルダーをコンピューターの検査から除外することができます。
 
※ 本設定により検査対象から除外されたファイル / フォルダーは、カスタム検査時には検査されませんが、リアルタイムファイルシステム保護機能によるウイルス検査(ファイルの作成 / オープン / 実行時)にて常時監視されているため、セキュリティ上の問題はありません。
 
 
■ 対象プログラム
  • ESET Smart Security Premium
  • ESET Internet Security
  • ESET NOD32アンチウイルス
 
■ 設定手順
  1. 画面右下の通知領域内のESET製品のアイコンをダブルクリックします。
    ※ Windows 8 / Windows 8.1 では、デスクトップ画面に切り替えてから本手順を実施してください。

  2. 基本画面の[設定]→[詳細設定]をクリックし、設定ウインドウを開きます。

  3. [検出エンジン]→[マルウェア検査]→[オンデマンド検査](または、コンピュータ―の検査)と展開して、[プロファイルのリスト]の[編集]をクリックします。

  4. [プロファイルマネージャ]画面が表示されるので、任意のプロファイル名を入力して[追加]ボタンをクリックします。(例:テスト)

     
  5. [OK]ボタンをクリックします。

  6. [選択されたプロファイル]のプルダウンメニューより、手順4で追加したプロファイル名を選択します。(例:テスト)

  7. [検査の対象]の[編集]をクリックします。

  8. [プロファイルターゲット]画面が表示されますので、[PC]を選択してから、除外対象とするファイル / フォルダーのチェックをはずして、[OK]ボタンをクリックします。
    (例:Dドライブを除外対象とする場合)

  9. [OK]ボタンをクリックして設定ウインドウを閉じます。

  10. 実際に検査を行う場合、基本画面の[コンピューターの検査]→[詳細検査]→[カスタム検査]をクリックします。

  11. [プロファイル]のプルダウンメニューから手順4で作成したプロファイル名(例:テスト)が選択されていることを確認し、[検査]ボタンをクリックします。
    ヒント
    V15.0 以前のバージョンをご利用の場合は、右上の歯車をクリックします。
    [検査の対象]欄のプルダウンメニューから[プロファイル設定に依存]を、[検査プロファイル]欄のプルダウンメニューから手順4で作成したプロファイル名(例:テスト)を選択し、[検査]ボタンをクリックします。

  12. コンピューターの検査が開始されます。
 
 
プログラム
ESET Smart Security Premium, ESET Internet Security, ESET NOD32アンチウイルス
プラットフォーム(OS)
Windows