• No : 15765
  • 公開日時 : 2019/12/06 18:11
  • 印刷

2019年12月6日以降、クライアント端末にて検出エンジンのアップデートに失敗する

回答

2019年12月6日以降、ミラーサーバーを構築している環境で、クライアント端末側に「アップデート情報に矛盾があります」などのメッセージが表示され、検出エンジンのアップデートに失敗する可能性があります。
※ エラーメッセージの内容は、ご利用になっているプログラムによって変わる場合があります。
 
 
本現象の詳細については以下をご参照ください。
 

 
◆ 対象製品
 
◇ 法人向けサーバー・クライアント用製品
  • ESET Endpoint Protection Advanced
  • ESET Endpoint Protection Standard
 

 
◆ 対象プログラム
  • ESET Endpoint Security
  • ESET Endpoint アンチウイルス
  • ESET Endpoint Security for OS X
  • ESET Endpoint アンチウイルス for OS X
  • ESET NOD32アンチウイルス for Mac
  • ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop
  • ESET Endpoint Security for Android
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server
  • ESET File Security for Linux
  • ESET Remote Administrator
 

 
◆ 対象OS
  • Windows
  • Mac
  • Linux Desktop
  • Android
  • Windows Server
  • Linux Server
 

 
◆ 発生日時
 
2019年12月5日(木) 22:45頃 ~
 
 

 
◆ お問合せ件数
 
15件(2019年12月6日 16:00時点)
 
 

 
◆ 原因
 
2019年12月5日(木) 22:45頃 に、サイズの大きな検出エンジンが配布されました。
この配布によって、ミラーサーバー側でクライアント端末に配布するための検出エンジンが正しく構築できずに、本現象が発生しております。
 
 

 
◆ 改善策
 
本現象が発生した場合は、ミラーサーバーで以下の対応を実施してください。
  • インターネット回線が混んでいない時間帯に、再度ミラーサーバーの検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートを実施する。
  • 複数回ミラーサーバーの検出エンジンのアップデートを実施する。
 
 
お客さまにはご迷惑をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス, ESET Endpoint Security for OS X, ESET Endpoint アンチウイルス for OS X, ESET Endpoint Security for Android, ESET File Security for Microsoft Windows Server, ESET File Security for Linux
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server, Mac, Android, Linux Desktop, Linux Server