• No : 15223
  • 公開日時 : 2019/11/26 13:00
  • 印刷

一部環境で ESET Security Management Center、および、ESET Management エージェント の設定モジュール等のモジュールが更新されない

回答

社内LANと外部インターネットの間にプロキシサーバーが設置されており、サーバー、クライアントから直接外部インターネットに接続できない環境において、ESET Security Management Center、および、ESET Management エージェント の設定モジュール等のモジュールが更新されない現象を確認しております。
 
なお、モジュールが更新されない状況でも、クライアント用プログラムの検出エンジンのアップデートには影響ありません。
 
本現象の詳細は以下の通りです。
 
 
法人向けサーバー・クライアント用製品をご利用の場合、本現象は、2019年11月26日より提供を開始した ESET Security Management Center V7.1 で修正されています。最新プログラムへのバージョンアップをお願いいたします。
ESET Security Management Center V7.0 をご利用中に本現象が発生する場合は「◆ 回避策」を実施してください。
 

 
◆ 対象製品
 
◇ 法人向けサーバー・クライアント用製品
  • ESET Endpoint Protection Advanced
  • ESET Endpoint Protection Standard
◇ 法人向けゲートウェイ製品
  • ESET Mail Security for Linux
  • ESET Web Security for Linux
 
 

 
◆ 対象プログラム
  • ESET Security Management Center V7.0
  • ESET Management エージェント
 
 

 
◆ 発生条件
 
社内LANと外部インターネットの間にプロキシサーバーが設置されており、サーバー、クライアントから直接外部インターネットに接続できない環境で発生します。
 
 

 
◆ 原因
 
ESET Security Management Center、および、ESET Management エージェント の不具合で発生しております。
 
なお、本不具合によりモジュールが更新されない状況でも、クライアント用プログラムの検出エンジンのアップデートには影響ありません。
 
 

 
◆ 回避策
 
法人向けサーバー・クライアント用製品をご利用の場合、本現象は、2019年11月26日より提供を開始した ESET Security Management Center V7.1 で修正されています。
ESET Security Management Center V7.0 をご利用中に本現象が発生する場合は、以下の手順を実施ください。
 
< 設定モジュールのバージョンを確認する方法 >
回避策の実施後に設定モジュールが更新されていることをご確認いただくために、まず、設定モジュールの現在のバージョンをご確認ください。
 
・ESET Security Management Center の場合
 
[バージョン情報]で、設定モジュールのバージョンを確認します。

 (※ 画面は ESET Security Management Center V7.0 のものです。)
 
・ESET Management エージェント の場合
  1. コンピューターを再起動します。

  2. コマンドプロンプトを起動し、ESET Management エージェント のログファイルの場所まで移動します。
    cd C:\ProgramData\ESET\RemoteAdministrator\Agent\EraAgentApplicationData\Logs

  3. 以下のコマンドを入力し、最後の行の"40"の後に出力される数字5桁(小数点含む)を確認します。
    find /I "Loaded ESET modules" trace.log
    例:2019-10-02 10:21:55 Information: Kernel [Thread 6e8]: Loaded ESET modules: 1=1074.1,2=1484,18=1763,40=1740.3,46=1031,25=1053
 
< ミラーサーバーの構築手順 >
現象を回避するために、以下の手順を実施してください。
  1. ミラーツールでミラーサーバーを構築します。
    ミラーツールは、プロキシサーバーを経由して設定モジュール等のモジュールをダウンロードできます。
    ミラーツールを使用してミラーサーバーを構築する手順は、以下のWebページをご参照ください。 なお、ESET Security Management Center、および、ESET Management エージェント が参照するフォルダーは「era6」です。
    それ以外のフォルダーは不要ですので、不要なフォルダーはオプションにexcludedProducts値を設定して、取得対象から除外してください。
    例:--excludedProducts ep4 ep5 ep6 ep7
    また、既にミラーツールを使用してミラーサーバーを構築している場合は、「era6」フォルダーを取得対象へ変更してください。

  2. ESET Security Management Center、および、ESET Management エージェント のアップデート先を、ミラーサーバーに変更します。
     
    • ESET Security Management Center の場合
      1. [詳細]→[サーバーの設定]をクリックします。
      2. [アップデート]の[アップデートサーバー]に、アップデート先情報(※)を入力します。
        https://"WebサーバーのIPアドレス":"Webサーバーの動作ポート"
          例:https://192.168.1.2:2221
      3. [保存]ボタンをクリックします。
         
    • ESET Management エージェント の場合
      1. ポリシーを新規作成します。
      2. 新しいポリシーの[設定]で、製品に[ESET Management Agent]を設定します。
      3. 新しいポリシーの[設定]で、[アップデート]の[アップデートサーバー]に、アップデート先情報(※)を入力します。
        https://"WebサーバーのIPアドレス":"Webサーバーの動作ポート"
        例:https://192.168.1.2:2221
      4. 新しいポリシーの[割り当て]で、割り当てるクライアントを設定します。
      5. 新しいポリシーの[終了]ボタンをクリックします。

  3. 設定モジュールのバージョンが更新されていることを確認します。

    設定モジュールの確認方法は、上述の< 設定モジュールのバージョンを確認する方法 >をご確認ください。
    なお、設定モジュールの更新は、既定値の場合、6時間に1度おこなわれますので、< ミラーサーバーの構築手順 >の手順2を実施後しばらく時間をおいてからご確認ください。
 
お客さまにはご迷惑をお掛けしていますことを、深くお詫び申し上げます。
 
[更新履歴]
 
2019年11月26日 13:00 更新
2019年11月01日 17:00 更新
2019年10月11日 13:00 公開
 
 
プラットフォーム(OS) : 
Windows, Windows Server, Linux Desktop, Linux Server