• No : 114
  • 公開日時 : 2018/07/20 16:32
  • 印刷

ESET Remote Administrator で構築したミラーサーバーがウイルス定義データベースのアップデートに失敗する

回答

ESET Remote Administrator V5.3 を利用してミラーサーバーを構築している環境で、ミラーサーバー自身がウイルス定義データベースのアップデートに失敗している場合は、以下の対応方法を実施してください。
 
※ 次年度更新後にライセンスキーファイルの入れ替えをおこなっていない場合、次年度更新前の有効期限が過ぎた後、ウイルス定義データベースのアップデートができなくなります。該当されるお客さまは以下のWebページの手順に従い、ライセンスキーファイルの入れ替えをおこなってください。
[Q&A]ESET Remote Administrator Server のライセンス更新方法
 
 
<対応方法>
 
Step.1 設定を確認する
 
ミラーサーバーを利用するのに必要な以下の環境・設定が整っているかご確認ください。
  • インターネット接続環境(オフライン更新の場合を除く)
  • ファイアウォールやプロキシサーバーでウイルス定義データベースのアップデートに必要な通信が遮断されていないこと(オフライン更新の場合を除く)
    使用するアドレス・ポート番号は以下のWebページの【 検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートに使用 】をご確認ください。
    [Q&A]ファイアウォールにて許可するアドレスとポート番号について
 
Step.2 ミラーフォルダーを再作成する
 
何らかの原因により、ミラーフォルダーが破損している可能性があります。
以下の手順にて、ミラーフォルダーを再作成してください。
  1. ウイルス定義データベースのファイルが保存された「updfiles」フォルダー内にあるすべてのファイルを削除します。
※ 既定では以下のフォルダーになります。
Windows Server 2008 / Windows Server 2012 の場合
C:\ProgramData\ESET\ESET Remote Administrator\Server\Updfiles
Windows Server 2003 の場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\ESET\ESET Remote Administrator\Server\Updfiles
  1. ミラーフォルダー内にあるすべてのファイルを削除します。
    ※ IISにてミラー機能をご利用のお客さまは、フォルダー内にある"web.config"ファイルは削除しないようにご注意ください。
    "web.config"ファイルはIISの設定ファイルとなりますので、削除した場合、各クライアントからのアップデートができなくなる可能性があります。
※ 既定では以下のフォルダーになります。
Windows Server 2008 / Windows Server 2012 の場合
C:\ProgramData\ESET\ESET Remote Administrator\Server\mirror
Windows Server 2003 の場合
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\ESET\ESET Remote Administrator\Server\mirror
  1. ESET Remote Administrator Console を起動して、ESET Remote Administrator Server に接続後、[ツール]メニュー→[サーバオプション]を選択します。
     
  2. [アップデート]タブを選択し、[今すぐアップデート]ボタンをクリックします。
※ ミラーサーバーのウイルス定義データベースをオフラインでアップデートする場合は、[アップデートサーバ]の項目に、ユーザーズサイトから任意の場所にダウンロード・展開したウイルス定義データベースのフォルダーパスが指定されていることを確認してください。
 

(※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
  1. 確認画面が表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

(※ 画面は ESET Remote Administrator V5.3 のものです。)
  1. ミラーフォルダーが正しく作成されているかどうか確認します。
    [Q&A]ミラーフォルダーが正しく作成されているか確認するには?
    ※ 回線によっては多少時間がかかることがありますので、作成されていない場合は時間をおいて確認してください。
  1. クライアント端末でウイルス定義データベースのアップデートをおこないます。
 
ヒント
  • Windows環境のクライアント端末がウイルス定義データベースのアップデートに失敗している場合は、こちらをご参照ください。
  • アップデートプロファイルが複数作成されている状態でミラー機能が動作しない場合は、こちらをご参照ください。
プログラム : 
ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server