• No : 10246
  • 公開日時 : 2019/11/08 16:39
  • 印刷

Windows環境で V6.6 以降をインストール後、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートが完了すると一時的にリアルタイムファイルシステム保護機能が無効になる

回答

ESET Endpoint Security V6.6 以降 / ESET Endpoint アンチウイルス V6.6 以降をインストール後、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートが完了すると、一時的にリアルタイムファイルシステム保護機能が「機能しない」と表示される(無効になる)場合があります。
 

(※ 画面は ESET Endpoint Security V6.6 のものです。)
 
 
◆ 原因
 
本現象は、検出エンジン(ウイルス定義データベース)のアップデートが完了した直後に、リアルタイムファイルシステム保護機能のモジュールの読み込みをおこなっているため発生します。
 
 
◆ 対応方法
 
少しお待ちいただくことでリアルタイムファイルシステム保護機能が有効になり、本現象が改善することを確認しています。
プログラムの動作には問題ございません。
 
本現象が発生した場合は、少しお待ちいただきますようお願いします。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Endpoint アンチウイルス
プラットフォーム(OS) : 
Windows