キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向け暗号化製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9403
  • 公開日時 : 2018/02/21 14:49
  • 印刷

DESlock+ Pro の設定項目について

回答

本ページでは、DESlock+ Enterprise Serverで管理されていないDESlock+ Pro の設定項目についてご案内いたします。
 
 
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 

 
「DESlock+ 設定」画面の表示方法
 1. DESlockアイコンを選択し、マウスを右クリックします。
 2. 「設定」をクリックします。
 
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

開始時にスプラッシュスクリーンを表示


 
チェックを入れると、Windows へログインした後、DESlockの「スプラッシュスクリーン」が表示されます。
チェックを外すと、Windows へログインした後、DESlockの「スプラッシュスクリーン」は表示されません。
 
 
<スプラッシュスクリーン画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

DESlock+ 開始時にログインボックスを表示


 
チェックを入れると、Windows へログインした後、「DESlock+ ログイン」画面が表示されます。
チェックを外すと、Windows へログインした後、「DESlock+ ログイン」画面が表示されません。
 
 
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
※「キーファイル」の設定で、Windows ログイン後の自動ログインが有効化されていると「DESlock+ ログイン」の画面は表示されません。
 
 

デスクトップにDESlock+ シュレッダーを表示(すべてのユーザー)


 
チェックを入れると、デスクトップ画面に「DESlock+ シュレッダー」アイコンが表示されます。
チェックを外すと、「DESlock+ シュレッダー」アイコンが表示されません。またチェックが外れた状態では「DESlock+ シュレッダー」の機能をご利用できません。
 
 
<DESlock+ シュレッダー>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

DESlock+ を終了した時に時刻の警告を表示


 
チェックを入れると、DESlock+ Pro のメニュー画面から「終了」をクリックした際に、「確認画面」が表示されます。
チェックを外すと、DESlock+ Pro のメニュー画面から「終了」をクリックした際に、「確認画面」は表示されずにDESlock+ Proを終了します。
 
※カウントダウンは9秒で固定されており、変更できません。
 
 
<確認画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

暗号化を有効化し送信


 
チェックを入れると、ファイル選択時のコンテキストメニューで「DESlock+」から「暗号化して送信」を選択できます。
チェックを外すと、ファイル選択時のコンテキストメニューで「DESlock+」の項目から「暗号化して送信」がグレーアウトします。
 
「暗号化して送信」を有効にするとファイルの暗号化をすると同時に、電子メールソフト「Microsoft Outlook」が起動し、暗号化されたファイルが添付された状態で、メールの送信画面が表示されます。
本機能は、電子メールソフト「Microsoft Outlook」をご利用している場合のみご利用可能な機能です。
 
 
 
ヒント
 
「暗号化して送信」を利用して対象のファイルを暗号化し、メールに添付する方法。
 
 1. 暗号化したいファイルを選択して、マウスを右クリックします。
 2. 「DESlock+」にカーソルを合わせると、「暗号化して送信」が表示されます。
 3. 「暗号化して送信」をクリックすると、ファイルを暗号化するための設定を経て、暗号化されたファイルをメールに添付できます。
 
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 4. メールソフトが起動して、送信メール作成画面が表示されます。
 5. 添付ファイルに暗号化されたファイルが添付されます。
 
<Microsoft Outlook電子メール送信画面>
(※ 画面のメールソフトは「Microsoft Outlook」のものです。)
 
 
 

バックグラウンドでアップデートを確認


 
現在、本設定はご利用できません。
本設定について、チェックボックスにチェックが入っている場合、チェックが入っていない場合で、DESlock+ Proの動作に違いはありません。
 
 

トレーアイコンをダブルクリック


 
<DESlock+ 設定画面 (抜粋)>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
DESlock+ Pro のアイコンをダブルクリックした際、設定された下記の動作を行います。
 
・DESlock+のログイン/ログアウト
 DESlock+ Proにログインしていない場合:ログインします。(パスワードの入力を求められます。
 DESlock+ Proにログインしている場合:ログアウトします。
 
・DESlock+のログアウト
 DESlock+ Proからログアウトします。
 (ログアウト状態でDESlockのアイコンをダブルクリックした場合、動作しません。)
 
・設定の起動
 「DESlock+ 設定」画面が起動します。
 
・キーマネージャーの起動
 「暗号化キーマネージャー」画面が起動します。
 
 
<暗号化キーマネージャー画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
暗号化キーファイルを作成する手順については、下記URLの手順「3.暗号化キーファイルの作成」をご参照ください。
 
<参考>
▼暗号化キーの共有方法について(DESlock+ Enterprise ServerでクライアントPCを管理しない場合。)
https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/6107?site_domain=encryption
 
 
・キー転送ウィザードの起動
 「DESlock+ キー転送ウィザード」画面が起動します。
 
 
<DESlock+ キー転送ウィザード画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
暗号化キーを転送する手順については、下記URLをご参照ください。
 
<参考>
▼暗号化キーの共有方法について(DESlock+ Enterprise Serverでクライア ントPCを管理しない場合。)
https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/6107?site_domain=encryption
 
 
・仮想ディスクマネージャーの起動
 「DESlock+ 仮想ディスクマネージャー」画面が起動します。
 
<DESlock+ 仮想ディスクマネージャー画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
「DESlock+ 仮想ディスクマネージャー」の詳細な利用方法については、下記URLより「DESlock Plus Pro ユーザーズマニュアル」をダウンロードしていただき、「暗号化仮想ディスクを利用する」の項目をご参照ください。
 
<参考>
▼DESlock Plus Pro インストーラーおよびマニュアルのダウンロード(パッケージ製品、ダウンロード製品)

https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/3111?site_domain=encryption
 
 
・なにもしない
 DESlockのアイコンをダブルクリックしても何も動作しません。
 
 

ファイルを復号した後の動作


 
ファイルを復号した際に、復号前の暗号化ファイルに対して、本項目で設定した動作を行います。
 
・暗号化ファイルを削除します。 (確認画面は表示されません。)
・暗号化ファイルは削除しない。 (確認画面は表示されません。)
・動作を確認する。 (下記ファイル削除の確認画面が表示されます。)
 
 
<ファイル削除の確認画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

キーファイル


 
「有効化」に設定していると、Windowsへログインした後、自動的にDESlockへログインします。
「無効化」に設定していると、Windowsへログインした後、「DESlock+ ログイン」画面が表示されます。キーファイルパスワードを入力して、DESlock+ Proへログインします。
 
 
「無効化」の状態から「有効化」に設定変更する際、キーファイルパスワードの入力画面が表示されます。
 パスワードを入力することで「有効化」の設定になります。
 
※「有効化」の状態から「無効化」に設定変更する際、キーファイルパスワードの入力は不要です。
 
 
<キーファイルパスワードの入力画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

非アクティブタイムアウト設定


 
本機能は、Windows の操作をしていない場合に、設定した時間が経過することでDESlock+ Proからログオフする機能です。DESlock+ Proがログオフ状態の場合、DESlockアイコンで利用できる機能が制限されます。
※本機能は、Windowsの画面ロック機能ではありません。
 
・DESlock+ を無効化しない
 チェックを入れると、Windows の操作を一定時間していなくても、DESlock+ Proにログインした状態を保持します。
 
 
・DESlock+ を無効化するのにスクリーンセーバー有効化を使用する
 Windows 上でスクリーンセーバーを使用している際、スクリーンセーバーが動作すると、DESlock+ Proはログオフ状態になります。
 ※スクリーンセーバーが無効になっているとグレーアウトして選択できません。
 
 
「DESlock+ を無効化するのにスクリーンセーバー有効化を使用する」を選択した場合、下記の設定が可能です。

  ・スクリーンセーバーが無効化した時にログインを表示
   チェックを入れると、スクリーンセーバーから復帰する際、「DESlock+ ログイン」画面が表示されます。
   チェックを外すと、スクリーンセーバーから復帰しても、「DESlock+ ログイン」画面は表示されません。

  ・ポーリング間 「 xx 」秒
   設定したポーリングの秒数毎にポーリング(定期的な問い合わせ)を行い、スクリーンセーバーの動作状況を確認します。(1-60秒の間で設定できます。)
   DESlock+ Proは、ポーリングの結果「スクリーンセーバーが動作している」と確認すると、DESlock+ Proをログオフ状態にします。
 
<タイムアウト設定画面 (抜粋)>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 

 
・DESlock+ を無効化するのにユーザー非アクティブを使用
チェックを入れると、Windows の操作をしていない場合、設定した時間が経過することでDESlock+ Proからログオフします。
※「キーファイル」の設定からWindows ログイン後の自動ログインが有効化されていると「非アクティブタイムアウト」で設定した項目は無効になります。
 
 
  ・間隔 「 xx 」分
   DESlock+ Proは、『本設定の「間隔」の期間、Windowsの操作を行っていない』と確認すると、DESlock+ Proをログオフ状態にします。(1-60分の間で設定できます。)
 
  ・ポーリング間 「 xx 」秒
   設定したポーリングの秒数毎にポーリング(定期的な問い合わせ)を行い、Windows の操作状況を確認します。(1-60秒の間で設定できます。)
 
<タイムアウト設定画面 (抜粋)>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
  ・非アクティブアラートメッセージを表示
   チェックを入れると、上記「DESlock+ を無効化するのにユーザー非アクティブを使用」で設定した「間隔」の時間が経過し、何も操作していないと、「DESlock+ 非アクティブアラート」画面が表示されます。
   チェックを外すと、「DESlock+ 非アクティブアラート」画面が表示されずに、DESlock+ Proからログオフします。
 
 
<タイムアウト設定画面 (抜粋)>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
<DESlock+ 非アクティブアラート画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

 
「フルディスク暗号化」タブ
 
 
DESlock+ Proのバージョンが4.8.13 以降で、フルディスク暗号化を実施していると、「フルディスク暗号化」のタブが表示されます。
DESlock+ Proのバージョンが4.8.13より前のバージョンでは、本タブは表示されません。
 
 
<DESlock+ 設定画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
 
 

フルディスクパスワード


 
「変更」ボタンをクリックすると、「FDEパスワードの変更」の画面が表示されます。
DESlockのプリブート認証画面で入力するパスワードを変更できます。
 
 
<FDEパスワードの変更画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

ブートローダーキーボードマネージャー


 
「管理」ボタンをクリックすると、「ブートローダーキーボードマネージャー」の画面が表示されます。
キーボード入力設定を変更できますが、「既定のキーボード」欄は、「日本語」でご利用ください。
※通常は設定の変更を行いません。サポートセンターから指示のあった場合のみ変更ください。
 
<ブートローダーキーボードマネージャー画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 

フルディスク暗号化


 
「開く」ボタンをクリックすると、「DESlock+ フルディスク暗号化」の画面が表示されます。
「ディスクの管理」で、HDD/SSDを暗号化、復号できます。
「ユーザーの管理」で、DESlockのプリブート認証画面で入力するユーザーを追加、削除できます。
 
 
<DESlock+ フルディスク暗号化画面>
(※ 画面はDESlock+ Pro V4.8.16のものです。)
 
 
プログラム : 
DESlock+ Pro
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

製品紹介