キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けクライアント専用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9174
  • 公開日時 : 2019/06/27 13:00
  • 印刷

ESET Mobile Security for Android の変更点(V3.6.47→V3.9.28)

回答

ESET Mobile Security for Android V3.6.47 から ESET Mobile Security for Android V3.9.28 の変更点は以下の通りです。
 
※ ESET Mobile Security for Android V3.9.28 は、Android 3.2 以前のOSには対応していません。
Android 3.2 以前でESET製品をご利用の際は、ESET Mobile Security for Android V3.3.27 をインストールしてください。
 
 
■ 追加(V3.6.47 から V3.9.28)
 
 以下の機能が追加・強化されました。
  • Android 8.1 対応
  • ウイルス対策機能の拡張
※ 従来の[ウイルス対策]の項目からデバイスを検査する方法に加え、基本画面上に表示される「デバイスを検査」の[今すぐ検査]からもデバイス検査が可能となりました。
  • 基本画面上に脅威の検出・検査の結果などを表示するアクティビティログ機能の追加
  • セキュリティ監査機能の強化
 
■ 修正(V3.6.47 から V3.9.28)
 
 以下の不具合が修正されました。
  • Android 8.0 で、常に「不明な提供元が許可されました」のメッセージが表示される
 
■ ご利用上の注意事項(V3.9.28)
 
 以下の注意事項があります。
  • インストール直後のライセンス確認後に「有効期限切れ」と表示される

    本製品は、インストール後、サーバーに登録済みライセンスがあるかどうかを確認します。その際、ライセンスが見つからなかった場合は、「有効期限切れ」と表示されます。

    本製品をそのまま使用する場合は、無料体験版として使用するか、有効な製品認証キーを入力して、アクティベーションをおこなってください。

     
  • 有効期限が切れた際、ライセンス画面にアンインストールメニューが表示されない

    本製品は、有効期限切れになった場合、ライセンス画面以外の操作はできません。
    盗難対策を有効にしている場合は、ライセンス画面にアンインストールメニューが表示されますが、盗難対策を使用していない場合は、アンインストールメニューが表示されません。

    表示されない場合は、以下のWebページをご参照のうえ、アンインストールをおこなってください。
    [Q&A]Android端末の設定から ESET Mobile Security for Android をアンインストールする手順
 
  • インストール後、ライセンス情報入力前に、「通信が失敗しました:無効なデータが入力されました。」と表示される

    本製品は、インストール後の初回起動の際、端末のGoogle アカウント情報を、ESET社の持つライセンスサーバーに照会します。
    照会の結果、Google アカウントが登録されていない場合に、このメッセージが表示されます。

    [スキップ]を選択してアクティベーションをおこなうか、端末のGoogle アカウントを正しく登録してください。

     
  • インストール後のライセンス情報入力時、製品認証キーがすべて半角英数大文字で表示される

    本製品の製品認証キーの設定欄では、アルファベットはすべて半角英数大文字で表示される仕様です。
    半角英数小文字で入力しても、表示されるアルファベットはすべて大文字となります。

    なお、ハイフンも含めすべて半角英数で製品認証キーを入力すれば、アクティベーションの認証自体には影響はありません。

     
  • 通知バーに ESET Mobile Security for Android のアイコンが表示されない

    Google のガイドラインに従い、「通知」機能が有効の場合でも、ESET Mobile Security for Android のアイコンは通常、非表示となります。
    通知バーを下にスライドさせると、ESET Mobile Security for Android の動作状況が表示されます。

    なお、スキャン中や何か脅威が見つかった場合は、その状況を示すアイコンが表示されます。

     
  • 各OSでのご利用上の注意事項

    ご利用のOSによっては一部機能制限があります。以下のWebページもあわせてご参照ください。
    [Q&A]ESET Mobile Security for Android の新OSへの対応状況について
 
 
■ 既知の不具合(V3.9.28)
 
 以下の不具合を確認しております。
  • プロアクティブ保護の「ロック解除の施行が失敗する最大回数」と「訂正猶予時間」の設定を変更しても、設定内容が反映されない
盗難対策機能の一つである、プロアクティブ保護の設定画面より以下の設定を変更しても、設定の変更が反映されない現象を確認しています。
  • 「ロック解除の施行が失敗する最大回数」3回
  • 「訂正猶予時間」30秒
 
  • Android 7.0 以降で、Android端末のアプリケーションの一覧からアンインストールを実施した際に、セキュリティパスワードの入力を求められない

    Android 7.0 以降では、Android端末のアプリケーションの一覧からアンインストールを実施した際に、セキュリティパスワードを設定している場合でも、セキュリティパスワードを入力せずに、本製品のアンインストールが完了することを確認しています。
    なお、ESET Mobile Security for Android の設定画面からアンインストールを実施した場合は、セキュリティパスワードの入力が必要になります。
 
  • Android 5.0 で盗難対策機能のリモートワイプ機能(eset wipe)を実施した際に、完了通知メールが送信されない

    本現象が発生している場合でも、端末内のデータ削除自体は正常におこなわれており、完了を知らせるメールの送信のみが実施されないことを確認しています。
    対象となるAndroid端末が手元にある場合は、直接端末にてリモートワイプが完了したかどうかご確認ください。
     
  • Opera Miniでフィッシング対策機能が利用できない

    フィッシング対策機能の有効時の画面にOpera Miniが[保護されたブラウザ]として表示されますが、Opera Miniでフィッシング対策機能はご利用いただけません。
    フィッシング対策機能をご利用になる場合は、他のWebブラウザーでご利用ください。
 
 
その他サポート情報につきましては、以下のWebページをご参照ください。
  • 個人向け製品をご利用のお客さまはこちら
  • 法人向けクライアント専用製品をご利用のお客さまはこちら
※ 各製品区分の詳細についてはこちら
 
 
プログラム : 
ESET Mobile Security for Android
プラットフォーム(OS) : 
Android

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局