キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8977
  • 公開日時 : 2018/02/07 16:00
  • 印刷

ESET Endpoint Security for OS X の変更点(V6.5.432→V6.5.600)

回答

ESET Endpoint Security for OS X V6.5.432 から ESET Endpoint Security for OS X V6.5.600 の変更点は以下のとおりです。
 
■ 追加(V6.5.432 から V6.5.600)
 
以下の対応が追加されました。
  • Webアクセス保護機能とWebコントロール機能で、暗号化された通信(HTTPSプロトコル)におけるURLフィルタリングに対応
※ 上記の対応を有効にするには、詳細設定画面→[Webアクセス保護]より[HTTPプロトコルで使用するポート]に「443」を追加する必要があります。
 
 
■ 修正(V6.5.432 から V6.5.600)
 
以下の不具合が修正されました。
  • iPhoneをMac端末に接続した状態で、カスタム検査の対象を一部に限定して実施すると、検査が正常に実施されない
iPhoneをMac端末に接続した状態でカスタム検査を選択すると、iPhoneがブランクのアイコンとして検査対象に表示されます。また、iPhoneを接続した状態で検査対象を一部に限定して検査すると[検査したオブジェクトの数]が0となり、検査が正常に実施されません。
 
 
■ ご利用上の注意事項(V6.5.600)
 
以下の注意事項があります。
  • macOS High Sierra 10.13 でのご利用について
macOS High Sierra 10.13 で ESET Endpoint Security for OS X V6.5.600 をご利用になる場合、OSの仕様変更により、OS側で ESET Endpoint Security for OS X V6.5.600 の許可をおこなったうえで必ず再起動が必要です。手順などの詳細は、以下のWebページをご確認ください。
 
 
■ 既知の不具合(V6.5.600)
 
以下の不具合を確認しております。
  • デスクトップ通知の表示秒数の設定値を変更しても設定が反映されない
詳細設定画面→[警告と通知]→[デスクトップに通知を表示]→[指定時間の経過後、通知を自動的に閉じる]の設定時間を既定値の5秒から変更しても、設定が反映されません。
  • 警告ウインドウの表示 / 非表示の設定を、[警告を表示]のチェックボックスで変更できない
詳細設定画面→[警告と通知]→[警告を表示]のチェックボックスにて設定を変更しても、設定の変更が反映されません。
 
警告ウインドウの表示 / 非表示の設定を変更する場合は、詳細設定画面→[警告と通知]→[警告を表示]→[詳細設定オプション]の[設定]ボタンをクリックし、ダイアログの一覧より設定の変更をおこなってください。
 
 
その他のサポート情報はこちらをご参照ください。
 
 
プログラム : 
ESET Endpoint Security for OS X
プラットフォーム(OS) : 
Mac

【 より良いサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】このQ&Aは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局