キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 75
  • 公開日時 : 2015/12/07 16:00
  • 印刷

設定組み込み済みインストーラーで ESET Smart Security V4.2 を ESET Endpoint Security V5.0 へアップグレードしたら設定は組み込まれますか?

回答

ESET Endpoint Security V5.0 の設定組み込み済みインストーラーを利用して、ESET Smart Security V4.2 から ESET Endpoint Security V5.0 へアップグレードをおこなった場合、設定組み込み済みインストーラーに組み込まれた設定が有効になります。

ただし、以下の設定はアップグレード後に組み込まれずに、ESET Smart Security V4.2 で設定していた値が引き継がれます。

(1) パーソナルファイアウォール

 【 ESET Endpoint Security V5.0 の設定箇所 】

  • 詳細設定画面→[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]→[ファイアウォールユーザープロファイル]
  • 詳細設定画面→[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]→[ルールとゾーン]→[ルール/ゾーンエディタ]
  • 詳細設定画面→[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]→[IDSと詳細オプション]
  • 詳細設定画面→[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]→[学習モード]
  • 詳細設定画面→[ネットワーク]→[パーソナルファイアウォール]→[アプリケーション変更の検出]→[チェック対象外とするアプリケーションのリスト]

(2) Webアクセス保護のアクティブモード

 【 ESET Endpoint Security V5.0 の設定箇所 】

  • 詳細設定画面→[Webとメール]→[ Webアクセス保護]→[HTTP、HTTPS]→[アクティブモード]

(3) HIPSのルール設定

 【 ESET Endpoint Security V5.0 の設定箇所 】

  • 詳細設定画面→[コンピュータ]→[HIPS] →[ルールエディタ]→[ルールの設定]
  • 詳細設定画面→[コンピュータ]→[HIPS] →[詳細設定]
    ※ HIPS機能は、ESET Endpoint Security V5.0 から搭載された機能となりますので、ESET Smart Security V4.2 には存在しません。


◆ 回避方法

アップグレード後に上記の設定を組み込むには、以下のいずれかの方法で ESET Endpoint Security V5.0 へアップグレードを実施してください。

■ 参考

設定組み込み済みインストーラーに組み込まれていない設定は、ESET Smart Security V4.2 で設定していた値が引き継がれます。
ただし、一部の設定は引き継がれません。詳細については、下記Webページをご確認ください。
[Q&A]上書きインストールによって設定は引き継がれますか?

 
プログラム : 
ESET Endpoint Security, ESET Smart Security
プラットフォーム(OS) : 
Windows

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局