キヤノンITソリューションズ株式会社
サポート情報 (法人向けサーバー・クライアント用製品)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7448
  • 公開日時 : 2017/10/17 17:31
  • 印刷

ESET Remote Administrator の変更点(V5.1.34 → V5.3.39)

回答

ESET Remote Administrator V5.1.34 から ESET Remote Administrator V5.3.39 の変更点は以下の通りです。
 
■ 追加(V5.1.34 から V5.3.39)
 
 以下の機能が追加・強化されました。
  • Windows 10 対応(ESET Remote Administrator Console のみ)
 
 
■ 修正(V5.1.34 から V5.3.39)
 
 以下の不具合が修正されました。
  • 電子メールを利用してAndroidへ ESET Endpoint Security for Android 1.2 のリモートインストールする際、メール本文にASCIIコード範囲外の文字(日本語など)が含まれていると、メール本文が文字化けし、リンクジェネレーターが機能しない
  • ESET Remote Administrator のタスク機能を利用して、ファイアウォールの「学習モード」のコンフィグレーション(設定)配布ができない 
  • ESET Remote Administrator を利用して、ESET NOD32アンチウイルス for Mac V4.1.97 以降のプッシュアンインストールができない
  • 問題のあるコンピューターが存在している状態で、通知領域にある ESET Remote Administrator Console のアイコンにカーソルを合わせた際に「登録されていないコンピュータを検出しました」と表示される
 
 
■ 既知の不具合(V5.3.39)
 
 以下の不具合を確認しております。
  • ESET Remote Administrator のバージョンアップ機能を利用して、ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5.12015.2 へリモートでバージョンアップができない
ESET File Security for Microsoft Windows Server V4.5.12015.2 は、ESET Remote Administrator のバージョンアップ機能に対応しておりません。
ESET Remote Administrator を利用して、ESET File Security for Microsoft Windows Server をリモートでバージョンアップする場合は、プッシュインストール機能などをご利用ください。詳細は下記Webページをご参照ください。
 
  • ESET Remote Administrator V5.1 以前から上書きインストールでバージョンアップした場合にメッセージが表示される
ESET Remote Administrator V5.1 以前から上書きインストールでバージョンアップした場合に、以下のメッセージが表示される場合があります。
 
< 表示されるメッセージ >
要求されたすべてのアプリケーションを、セットアップで自動的に終了できませんでした。インストールを続行する前に、ファイルを開いているアプリケーションが閉じられている事を確認してください。
 
本メッセージは標準的なメッセージであり、実行中のサービスが決められた時間範囲内に停止できなかったため表示されます。
インストールは正常に完了していますが、念のためインストール完了後に本製品を再起動することを推奨します。
 
  • 上書きインストールでバージョンアップした際に一部設定が引き継がれない
上書きインストールにより大部分の設定について引き継ぐことが可能です。
 
ただし、ESET Remote Administrator V5.0 からバージョンアップする場合は、下記2つの項目の設定は引き継ぐことができません。上書きインストールを実施する前に設定内容をお手元にお控えいただき、上書きインストール実施後、手動で追加してください。
  • [ツール]→[サーバオプション]→[詳細]→[詳細設定を編集]→[Remote Administrator]→[ERAサーバー]→[設定]→[ESET Live Grid]→[ESET Live Gridのデータ転送のスケジューリングオプション](※1)
  • [ツール]→[グループマネージャ]→[Active Directory / LDAPの同期](※1)
(※1)設定を[日毎]以上にしていた場合のみ。
 
  • ESET Remote Administrator のインストール時に、データベースにMicrosoft SQL Server 2012を使用するとインストールエラーが発生する
ESET Remote Administrator のインストール時に[ローカルの既定のシステムアカウント]を選択して、データベースに既定値でインストールされたMicrosoft SQL Server 2012を使用すると、エラーが発生する場合があります。
 
本現象は、Microsoft SQL Server 2012の仕様変更のために発生します。
 
ESET Remote Administrator V5.3 のデータベースにMicrosoft SQL Server 2012を使用する場合は、以下のいずれかにて ESET Remote Administrator をインストールしてください。
  • ESET Remote Administrator のインストール時にsysadminサーバーロールを割り当てたユーザーを明示的に指定する
     
  • Microsoft SQL Server 2012のLocal System(NT AUTHORITY¥SYSTEM)にsysadminサーバーロールを割り当てた状態で、ESET Remote Administrator のインストール時に[ローカルの既定のシステムアカウント]を選択する

     
  • Windows Management Instrumentation(WMI)を利用して、ESET Remote Administrator からクライアント用プログラムのリモートインストールやアンインストールができない
Windows Management Instrumentation(WMI)を利用して、ESET Remote Administrator からクライアント端末へ、リモートインストールタスクの[Windows プッシュ(WMI)]機能を使用したインストール、および、アンインストールができません。
 
ESET Remote Administrator からクライアント端末へ、リモートインストール、および、アンインストールをおこなう場合は、下記Webページを参考にリモートインストールタスクの[Windows プッシュ]機能をご利用ください。
 
  • ESET Remote Administrator のレポートテンプレートでレポートを出力する場合に、出力タイプに「ZIP」または「PDF」を選択するとレポートが出力できない
レポートテンプレートで、レポートの出力タイプに「ZIP」または「PDF」を選択するとレポートが出力できません。
レポートを作成する場合は、出力タイプに「HTML」を選択してください。
 
  • ESET Remote Administrator のアップグレード機能を使用して、ESET Endpoint Security V5.0.2260.1 以降 / ESET Endpoint アンチウイルス V5.0.2260.1 以降へリモートでバージョンアップができない

ESET Endpoint Security V5.0.2260.1 以降 / ESET Endpoint アンチウイルス V5.0.2260.1 以降は ESET Remote Administrator のアップグレード機能に対応しておりません。
本バージョンにバージョンアップする場合は、プッシュインストール機能などをご利用ください。詳細は下記Webページをご参照ください。
 
 
その他のサポート情報につきましては、こちらをご参照ください。
 
 
プログラム : 
ESET Remote Administrator
プラットフォーム(OS) : 
Windows Server,Linux Server

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。

関連Webサイト

ユーザーズサイト
マルウェア情報局